パワースポットを探すなら - パワスポ! -

金運・財運に効くパワースポット

181件中 1 ~ 20件目を表示
伊勢神社(九州のお伊勢さん)
解説 全国で唯一、伊勢神宮より破格の恩恵を受け、分霊を勧請することのできたお社です。子孫繁栄、五穀豊穣、商売繁盛の神様としてたくさんの人が訪れています。佐賀藩・鍋島直茂公の奥方様が月参りをし、御祈願が成就さ... (もっと見る)
大垣八幡神社
解説 境内にある、鳥居が金運アップのご利益があると言われています。... (もっと見る)
十番稲荷神社
解説 宝船とカエル像がある事から、ダブルパワースポットと呼ばれており、カエル像には"かえる"という語感から、健康運、金運、交通安全など、さまざまなご利益があると言われています。... (もっと見る)
富来神社
解説 国東市で今一番熱い通りが、富来路ロード、その名のとおり富が来る道なんだとか。 富来神社は、宝くじを買って祈願すると当たると言われているんだそうです。 のどかな田園風景の中に神社があり自然パワーとと... (もっと見る)
伊美別宮社
解説 伊美別宮社(いみべつぐうしゃ)は、大分県国東市国見町伊美に鎮座する神社である。 社伝では、仁和2年(886年)、当時の領主片見貞信の命により、 石清水八幡宮の分霊を奉持して創建されたとされる。 ... (もっと見る)
伊奴神社
解説 伊奴(イヌ)神社と呼ばれることから、安産や子宝祈願に訪れる方が多いようです。また戌年の初詣は沢山の参拝者で賑わいます。 境内にある白龍社の御神木は樹齢約800年の椎の木で、いつの頃からか白蛇が棲ん... (もっと見る)
出雲福徳神社
解説 恵比寿様と大黒様のご利益で知られる出雲福徳神社では、1月5日に初えびす大祭が行われ、商売繁盛や金運を願う参拝者でにぎわいます。同神社は1932年(昭和7年)に島根・出雲大社から分霊されて創建され、平成... (もっと見る)
八杉神社
解説 具体的な創建時期などは不明となるが、杉山神社と八王子社が合併し、当社が誕生したとされる。社名も両社の頭をとったものとなる。 ご利益:五穀豊穣、商売繁盛、金運招福、火防守護、武運長久 他 [業種... (もっと見る)
太子神社
解説 創建時期は不明とされるものの、「羽陰温故誌」によれば、「昔、子供らが日々堂内で遊んだり、縄をつけて神像を道路に放置したりしても、不思議と翌日には元通りに、堂に鎮まっている」と伝えられており、不思議な言... (もっと見る)
金城霊沢
解説 かつて芋掘藤五郎という男が芋を洗ったところ、砂金がでてきたことから「金洗いの沢」と呼ばれた。そこから「金沢」の地名が生まれた。金運のパワースポットともいわれている。... (もっと見る)
大国主神社
解説 社伝によれば、神功皇后が三韓を平定されて住吉大社に凱旋報告のため、敷津浦を航海されたとき、敷津浜に荒い波がうちよせられるのを見られ、『これから汐が満ちてはいけません』と松の木を渚に三本植え、素戔鳴尊(... (もっと見る)
諸山積神社
解説 往昔白人嶺にあって、浦戸明神と称えられたが、和銅5年に大三島より高龗神、雷神を勧請し、三島別宮地の御前とも称したという。 ご利益:金運招福、商売繁盛、天候祈願、五穀豊穣 他... (もっと見る)
円福山 豊川閣 妙厳寺
解説 円福山 豊川閣 妙厳寺は、日本三大稲荷の1つとされる。但し三大稲荷の定義には諸説ある(他の2社は伏見稲荷大社、祐徳稲荷神社(佐賀県)または笠間稲荷神社(茨城県)と考える稲荷神社が多い。豊川稲荷では自社... (もっと見る)
赤玉石
解説 ... (もっと見る)
伴林氏神社
解説 高皇産霊神を主祭神とし、大伴氏の祖神である道臣命(みちのおみのみこと)・天押日命(あめのおしひのみこと)を配祀しています。社名から、大伴氏の支族である伴林氏が祖神を祀ったものとみられます。高皇産霊神の... (もっと見る)
悠久石
解説 平成18年7月の豪雨により下槻木地区の林道法面(山腹斜面)が崩壊し、その土砂の中から突如出現したものであります。直径140cm、重さ約4tもの巨大な丸い石だが、人工のものではありません。数千万年前に形... (もっと見る)
椙森神社
解説 江戸時代、柳森神社・烏森神社と並び称された江戸三森のひとつで、福徳・商売の神として信仰されています。またこの神社は、江戸時代に大流行した富くじ興行の場所としても有名。境内には富くじ興行を記念する「富塚... (もっと見る)
鐵砲洲稲荷神社
解説 鉄砲洲稲荷神社は、江戸湊の入口に鎮座する神社として、地域の人々の信仰を集めてきました。 神社は寛永元年(1624)頃、稲荷橋南東詰に遷りましたが、明治元年(1868)現在地に移転し、今日に至ってい... (もっと見る)
宝塚神社
解説 当社は昭和四十一年に素盞嗚神社を合祀し、日吉神社を宝塚神社と改めました。 御祭神である大山祇の神はその名の如く財宝を山積みにするという金運・商売繁盛・安産の神様であり、 素盞嗚の神は農耕神であると共に... (もっと見る)
福山八幡宮
解説 八幡宮は2つの社で構成されている。元和5年(1619年)に、水野勝成公が備後国主として赴任されるや、新しい居城として福山城を築くことと なり、鎮座されていた二つのお宮はそれぞれ野上口、延広小路へと遷さ... (もっと見る)