パワースポットを探すなら - パワスポ! -

成功運に効くパワースポット

622件中 41 ~ 60件目を表示
猪鼻湖神社
解説 創祀年代は不詳です。鎮座する下尾奈周辺は、貝塚等の弥生後期の遺跡が多く、その頃から、祭祀が行われていた神社であろうと思われます。祭神は、武甕槌命です。案内板には、市桙姫命を合祀とありますが、市桙姫命は... (もっと見る)
新日吉神宮
解説 社伝によれば、1160年(永暦元年)後白河上皇の命により、院の御所(法住寺殿)の鎮守社として、現在より南に創建されたと伝えられます。その後、社地を転々とし、現在の社地となったのは、豊国廟が再興された1... (もっと見る)
阿久刀神社
解説 創建は明らかではなく、諸説が論じられています。『神名帳考証』では、『新撰姓氏録』にある「調連(つきのむらじ)」条にある顕宗天皇に絁絹を献じた「阿久太」との関係を論じています。また調連が努理使主の後裔と... (もっと見る)
酒井神社
解説 社伝によれば、その創建は、弘仁元年(810)、下阪本の梵音堂(下阪本四丁目)にある磊 (大きな石)から酒が涌きだし、その酒の精は大山咋神であるとの神告をうけたため、人々は社を建てて磊を神体として祀るよ... (もっと見る)
奈良尾神社
解説 慶長年間(1596~1615)頃紀州広浦(現在和歌山県広川町)の漁師が漁業基地として移り住みんだ町で、紀州七社権現の分霊を祀るために建てられたといわれます。当時は楢の木が繁茂していたと考えられており、... (もっと見る)
津賀田神社
解説 仁徳天皇を祭神に天照大神(あまてらす・おおみかみ)を配祀(はいし)します。若宮八幡あるいは井戸田八幡とも称されています。 神社は古墳の上に建てられたと伝えられ、この辺りは松原が長く続き長森とも呼ばれ... (もっと見る)
朝代神社
解説 672年9月に伊弉諾神宮より勧請して創建されたと伝わります。江戸時代からは田辺藩町民の産土神として奉られてきました。江戸時代後期に編纂された「神祇管領吉田家諸国社家執奏記」には田辺朝代社同大河社として... (もっと見る)
水尾神社
解説 記録によれば、もとは伊和大臣を祀っていましたが、29代欽明天皇26年(1460年前)6月11日この神を水尾山(古箕丘、今秩父山)に鎮祭し、延暦5年(786)6月11日将軍坂上田村麻呂は梛本の地に遷して... (もっと見る)
夕月神社
解説 大分自動車道杷木ICの北側の丘陵地に中世の夕月城跡に夕月神社があり、鳥居から神殿までの約120mの参道に約200本の桜(ソメイヨシノ)が植栽されています。例年、開花期間中に『春祭り』が行われ、野点(の... (もっと見る)
鳴海八幡宮
解説 創建は不明です。貞永元年(1232年)に久野家初代が社職となった記録があります。境内に聳える大楠は室町時代には既に大木であったと伝えられており、樹齢1000年~1200年と推定され、御神木とされていま... (もっと見る)
諫早神社
解説 創始は古く、平城京・奈良時代の神亀五年(西暦728年)に聖武天皇の勅願により行基菩薩が当地へ赴いて石祠を祀ったのが始まりと伝わります。もとは九州総鎮護の神々を御祭神とする「四面宮」という神仏習合の神社... (もっと見る)
大年神社
解説 主神は大年大神で旧貴志荘六ヶ村の産土神。江戸時代には紀州徳川家は当神社を篤く尊崇され和歌山城より北西の処にあるため別名「乾の宮」と称せられていた。明治に至り43年2月16日貴志村大字栄谷宮ノ前鎮座の村... (もっと見る)
倶知安神社
解説 御祭神は人皇第15代応神天皇です。クッチャン原野に入植した縫部兼次郎・萬代佐太郎・山本保次郎・山本弥平は、明治29年4月2日入植者達と協議し、開拓の守護神として石清水八幡宮より誉田別尊の御分霊を勧請、... (もっと見る)
二本木神社
解説 天正12(1584)年3月、隆信は約5万8千の大軍を率いて有馬、島津の連合軍と戦い島原半島を制圧しようと遠征を企てた。海路より神代(雲仙市国見町)に上陸し、三会(島原市)に進出した。同月24日に両軍は... (もっと見る)
池宮神社
解説 江戸中期に建てられた本殿には、大祓詞(おおはらいし)に現れる、代表的な清め祓いの神で諸々の罪穢(つみけがれ)を祓い、 開運厄除の御神徳極めて高い、『瀬織津比詳命(せおりつひめのみこと)』がまつられて... (もっと見る)
尼子神社
解説 富田城跡の千畳敷広場にある神社です。1934年に史跡指定を受けたのを記念し、広瀬町発展を祈願する意味も込めて建立されたものです。ご祭神は尼子三代城主(経久・晴久・義久)と山中鹿介などの勇士です。鳥居は... (もっと見る)
白川吉見神社
解説 阿蘇神社の末社として、古代より水源の守護神として尊崇され、境内の中央から涌水する大泉流は、これより西方南郷谷及び菊池南部熊本飽託の肥後平野を潅流して幾千ヘクタールの水田を養い湧水池は肥後名勝の一つに数... (もっと見る)
比婆神社
解説 創祀は昭和二十三年十二月十一日ですが吾郷清彦著の「古代近江王朝の全貌」によると、由緒の概要は「古昔より比婆山と称し、山頂に岩窟あり。比婆神社を造営するも、創立年は不詳。古来霊験あらたかにして、世に山神... (もっと見る)
六条八幡宮
解説 社伝によれば、六條八幡宮の所在する山田の地は神功皇后の行宮が所在した霊地であり、そこに平安時代中期の長徳元年(995年)、周防国の僧、基灯が八幡三神を祀る宝殿を建てたのが当社の起源であるといい、元禄5... (もっと見る)
脇浜戎大社
解説 今宮戎や西宮戎と並んで、三大戎神社として知られる、泉州で最も古い戎社です。脇浜・二色浜海岸一帯は、古来より豊かな漁場と白砂青松の景勝地として知られ、奈良・京都の都に近いことから、宮中で食事などを司る「... (もっと見る)