パワースポットを探すなら - パワスポ! -

成功運に効くパワースポット

622件中 21 ~ 40件目を表示
太尾神社
解説 太尾神社の創建年代は不詳ながら、江戸期には大倉山(太尾村)に6社あり、当地には杉山神社があったという。明治6年に村社に列格した神明社に、無格社天満社・八幡神社・杉山神社・神明社・熊野社を昭和33年合祀... (もっと見る)
楊原神社
解説 三嶋大社の境外摂社、伊豆国の三ノ宮と称せられ、伊豆国の名社です。本社は昔、駿河国駿東郡香貫村(沼津市)の地にありましたが後に伊豆国地内の本社三嶋大社の鎮座地三島市小中島に遷座して地名をも楊原と称しまし... (もっと見る)
伊良湖神社
解説 伊良湖神社は、その昔、伊良久大明神と呼ばれた大変古い神社で、明治38年、陸軍による大砲の試射場拡張のため、伊良湖村の土地は強制接収され現在の地に移住した。古くから、伊勢神宮領であったので、伊勢神宮とも... (もっと見る)
柳澤神社
解説 ご祭神の柳澤房安(後の吉保)は、万治元年(1658)十二月江戸市ヶ谷に生まれました。七歳のとき館林二十五万石綱吉の勘定頭をしていた父安忠に伴われ、初めて綱吉に謁見、延宝三年(1675)家督を継ぎ、保明... (もっと見る)
日高神社
解説 日高神社の創建は弘仁元年(810年)に第52代嵯峨天皇の勅命によりこの地に勧請した事が始まりとされます。この地の首魁であったアテルイが降服し、延暦21年(802年)に胆沢城が坂上田村麻呂によって造営さ... (もっと見る)
根道神社
解説 明治40年頃勅令により、神社の多くあった「白谷区」「老洞区」「門出区」「岩本区」「中切区」「田口区」では諸社を合祀することになりました。1909年(明治42年)1月に根道神社 (祭神:不詳、伊弉冉命、... (もっと見る)
大森神社
解説 大森神社の創建年代は不詳だが、当地周辺が海辺であったころ、海上に金色の光が輝き(弥陀の像ともいう)波のまにまに浮んで岸辺に流ついた像を村人が畏れて、何度か沖へ押し流したものの三度も寄り来たことから、こ... (もっと見る)
五郎丸神社
解説 八幡神社・天満神社・是善神社を総称して「五郎丸神社」という。創建の年代は・由来は不詳だが、八幡大菩薩(八幡神社)、天神(天満神社)は、江戸時代前期には既に五郎丸村の氏神とされていた。明治6年3月14日... (もっと見る)
西向天神社
解説 西向天神社は、安貞2年(1282)に明恵上人(1173-1232)が創建したと伝えられ、社殿が西を向いているため西向天神と呼ばれた。天正年間(1570年代)に兵火で全焼していたのを聖護院宮道晃法親王が... (もっと見る)
隅田稲荷神社
解説 隅田稲荷神社は、善左衛門村を開拓した江川善左衛門が天文年間(1532-1553)に創建、善左衛門村の鎮守であったという。五代目江川善左衛門が、伊勢参詣の折り、種々の厄災を八人の僧によって救われたことに... (もっと見る)
若御子神社
解説 創立は聖武天皇の御代、天平年間(730年代)ころに若御子山の頂に神武天皇が祀斎されたことが始まりと伝えられている。「若御子」の名の由来は祭神・神武天皇の別呼称、「若御毛沼命」からきているのではと言われ... (もっと見る)
萩日吉神社
解説 欽明天皇6年(537)11月、蘇我稲目によって創建されたと伝えられ萩明神とよばれていました。その後、平安時代初期に天台宗関東別院となった慈光寺一山鎮護のため、近江国(現滋賀県)の坂本から日吉大神を勧請... (もっと見る)
野見宿禰神社
解説 1884年この東側に部屋があった初代高砂浦五郎により元津軽家の屋敷跡に創建されました。元の社殿は東京大空襲によって焼失しましたが1953年 6月に再建され、現在に至るまで相撲関係者の崇敬を集めています... (もっと見る)
豊榮神社
解説 創立は、旧赤碕町山川の池山家記録によると、嘉永2年7月大森大明神の神職の次男池田吉之凾が大森大明神の分霊を奉じて、新社を西山に建てたとある。この西山神社は大森大明神と称して下以西郷六村の総氏神だった。... (もっと見る)
三芳野神社
解説 三芳野神社(みよしのじんじゃ)は、埼玉県川越市郭町の神社です。童歌「通りゃんせ」はこの神社の参道が舞台といわれています。川越城築城以前から当地にあったが、太田道真・太田道灌父子による川越城築城により城... (もっと見る)
川匂神社
解説 寛永19年(1642年)9月に書かれた『二宮川勾神社縁起書』によれば、垂仁天皇御世に余綾・足柄両郡の東西海岸が磯長国であった頃、磯長国国宰である阿屋葉造(あやはのみやつこ)が勅命を奉じて当国鎮護のため... (もっと見る)
天香山神社
解説 社地は香久山の真北、南浦町字出屋敷の森に鎮座します。参道入り口の右に「式内大社 天香山神社」の石標が建っています。『大和志』に「在二香具山ノ北ノ麓一属二南浦村一仍称二北浦ノ神一 石華表ノ扁額ニ曰天ノ香... (もっと見る)
志都美神社
解説 本殿は三間社流造で、江戸時代中期の建立といわれている。武烈天皇陵とつながる志都美神社の社叢は、天然記念物の指定を受けている。本殿背後の石垣に「明治十二年八月虎列拉病流行氏子祈願無一人患者無人歓呼奉納」... (もっと見る)
上青木氷川神社
解説 御祭神は素戔嗚命・櫛稲田姫命。配祀神に大日霎命・大山祇命(御嶽社)・菅原道真(天神社)・誉田別命(八幡社)・倉稲魂命(稲荷社)がある。室町時代中頃の文明2年(1470年)の創建と伝えられる。正徳5年(... (もっと見る)
碑文谷八幡宮
解説 創建年代は不詳であるが、鎌倉時代に源頼朝の家臣、畠山重忠の守護神をその家臣筋で当地に住んでいた宮野左近という人物が祀ったのが始まりであると言われています。現在の社殿は延宝2年(1674年)に造替したも... (もっと見る)