パワースポットを探すなら - パワスポ! -

家庭運に効くパワースポット

405件中 1 ~ 20件目を表示
綾部八幡神社
解説 神社のある場所は「風の通り道」と呼ばれ、風神3柱が祀られています。静かな雰囲気の境内にいるだけで、心地よい風を感じることができます。日本最古の天気予報と言われる「旗上げ神事」「旗降し神事」では、旗のな... (もっと見る)
男女神社
解説 約700年前に創建され、日本神話の中で初めて結婚したと伝えられているイザナギノミコトとイザナミノミコトを御祭神としています。神社の名前が示す通り、男女の縁結び、子授け、安産、家庭円満、家内安全、商売繁... (もっと見る)
八津御嶽神社
解説 首都圏のご家族に三つの宝(健・財・和)をもたらす社です。... (もっと見る)
霊峰尺間神社
解説 尺間神社(しゃくまじんじゃ)は、大分県佐伯市弥生の尺間山山頂にある神社。 尺間さま、釈魔大権現などとも呼ばれる。 標高645mの尺間山山頂にあり、東九州の霊場として名高い。 「尺間」は「釈魔(魔... (もっと見る)
旗神 豊満神社
解説 「豊満神社(とよみつじんじゃ)」は日本一の湖、琵琶湖の東側、滋賀県愛知郡愛荘町豊満に鎮座する神社である。... (もっと見る)
ときわ台天祖神社
解説 はじまりには諸説あり、創建は不明です。 拝殿と幣殿は昭和5年、本殿は江戸末期に建造されたと言われています。 例祭は毎年9月中旬に行われ、地元の人を中心に盛り上がります。... (もっと見る)
向陵稲荷神社
解説 関東八屋形のひとつであった秋田藩主・佐竹家の屋敷神としてまつられていたことがはじまりと言われているパワースポットです。 佐竹家は、関ヶ原の合戦において西軍についたため、徳川家康によって秋田方面に飛ば... (もっと見る)
東京ドイツ村
解説 東京ドイツ村は、千葉県袖ケ浦市にあるテーマパークである。 「自然と人が共に過ごせる」共生の追求が基本コンセプト。 マスコットキャラクターは幸福を意味する天使と、 富や幸福を意味する豚をモチーフに... (もっと見る)
粟倉神社
解説 本神社の創祀年代は不詳であるが、天安元年と伝えられ、明治以前は祠頭大明神と称し、東西粟倉の庄の総鎮守であり、歓請の本社は美作一宮中山神社。貞観4年以前は、東西粟倉の庄の氏子が祭事を奉仕したが、争論がよ... (もっと見る)
三光稲荷神社
解説 創建は明らかでないが、天正14年(1586)の伝承があり。犬山城内三狐寺山に鎮座せられ(現在の丸の内緑地公園内)、古きより織田信長の叔父織田信康公の崇敬殊に厚く、また犬山城主成瀬家歴代の守護神として天... (もっと見る)
五社稲荷社
解説 文政13年(1830年)2月に京都伏見稲荷大社より、五神を勧請して五社稲荷社となった。しかし、延享4年(1747年)に社殿が改築された記録があるので、実際の創立年代はそれ以前にさかのぼることになるが、... (もっと見る)
砥鹿神社 奥宮
解説 美しい姿の本宮山は、千古の神山として仰がれる。本宮山は、(海抜789m)1,000年近い大木が林立した神山で、頂上付近の自然林は神域として昔より保護され数百種の草木が繁茂し、愛知県天然記念物に指定され... (もっと見る)
箱崎八幡神社
解説 島津始祖、忠久公が鎌倉より山門院野田へ下向の途、 筑前博多の沖で逆風に遭い乗船まさに難破せんとした折、 筥崎宮に請願して難を免れ無事山門野院荘之浦に着船、 当社を勧請、野田、名古浦、六月田と遷り五百年... (もっと見る)
砥鹿神社 里宮
解説 砥鹿神社は、愛知県豊川市にある神社。里宮は同県同市一宮町、奥宮は同県同市上長山町にある。 境内には、北側に二宮・三宮を祀る三河えびす社。二宮社(事代主命)、三宮社(建御名方命)、その東側に本社... (もっと見る)
瀧山東照宮
解説 正保元年(1644年)、徳川家光は徳川家康公が生まれた岡崎城の近くにも東照宮を観請したいと考え、酒井忠勝、松平正綱らに命じてその場所の選定を行わせたという。そして、古跡であり家康もよく訪れていた滝山寺... (もっと見る)
素盞男社
解説 素盞男尊を祭神として、安永3年(1774年)に創建され、昭和8年に当地に遷座されました。商売繁昌、家内安全を祈願する11月の祭事酉の市(おとりさま)は開運の熊手、福招きの箕、宝船などを求める参拝者で深... (もっと見る)
武蔵野八幡宮
解説 桓武天皇の御代延暦八年坂上田村麿が宇左八幡大社の御分霊を祀ったと伝えられて、四代将軍家綱の頃江戸小石川水道橋外吉祥寺火事の後、周辺町民に移住を命じ、寛文初年吉祥寺村開村により村民の氏神様として尊崇され... (もっと見る)
到津八幡神社
解説 元々、到津にあった社が大分県の宇佐神宮と一緒にまつられるようになって初めて、到津八幡神社と呼ばれるようになった。その後の時代の歴代藩主から、「小倉城の産土神」として大切に扱われてきました。また、一つの... (もっと見る)
山桜神社
解説 「馬頭さま」の名で、地元の人々に親しまれる小さな神社。境内には火の見櫓もあり、鎮火の効験があると伝えられる。毎年8月1~15日に開催される恒例の絵馬市では、紙絵馬1枚1500萬両(1500円~)などを... (もっと見る)
丹生川神社
解説 丹生川上神社は本来は一社であるべきであるが、現在、三つの神社が丹生川上神社を名乗っています。 それぞれ上社、中社、下社と呼ばれています。 丹生川上神社は天武年間(673~687年)、天武天... (もっと見る)