パワースポットを探すなら - パワスポ! -

安産祈願に効くパワースポット

415件中 41 ~ 60件目を表示
坪沼八幡神社
解説 天喜4年(1056年)に、陸奥の豪族である阿部頼時が乱を起こしたため、朝廷は、源頼義に頼時の討伐を命じた。すると、頼義は、その子、義家と共に男山八幡宮に賊徒平定の祈願を行い、神像を奉じて東征し各地の賊... (もっと見る)
仙臺大神宮
解説 明治14年(1881)に神宮教第四教区宮城本部として伊勢神宮禰宜の久米幹文が奥羽教会を創建したのが起源。鎮座地は仙台藩家老茂庭周防邸跡である(現在地)。神宮教が神宮奉斎会に改組されるとともに、神宮奉斎... (もっと見る)
士別神社
解説 明治32年7月、屯田兵第三大隊第五中隊九十九戸が入地、錬兵場の一角に開村記念標を建て、天照皇大神を奉斎、15日入隊式が行われた。これが士別開基、士別神社のご創祀で、この日が例祭日に定められました。明治... (もっと見る)
神前神社
解説 社伝によれば、往古神武天皇が大和入国の途中、この地に上陸して「天神洲(てんじんす)」と名付け、小祠を建て産土神として崇敬したのが始まり。また、地名を神嵜(かんざき)と名付けた。これが同地の名の亀崎の由... (もっと見る)
三熊野神社 (掛川市)
解説 文武天王の皇后に由来する荘厳なたたずまいの神社です。その後数百年を経て横須賀城が築城されると、歴代城主、家臣、近隣の人々の深い信仰を集めました。災難除、子授け、安産、縁結びにご利益があるといわれていま... (もっと見る)
一之宮貫前神社
解説 社伝によると、創建は安閑天皇元年(531年?)3月15日、鷺宮(現 安中市の咲前神社に比定)に物部姓磯部氏が氏神である経津主神を祀り、荒船山に発する鏑川の流域で鷺宮の南方に位置する蓬ヶ丘綾女谷に社を定... (もっと見る)
別小江神社
解説 延喜式神名帳に尾張国山田郡別小江神社、本国神名帳に従三位別小江天神とある式内社です。もとは現在地より約300メートル東北の千本杉にありましたが、天正12年(1584年)織田信雄の命により今の地に遷座さ... (もっと見る)
高取神社
解説 神功皇后(じんぐうこうごう)が世の中の安泰を祈願なされて「武甕槌尊(たけみかづちのみこと)」をお祭りになられたことを御創祀とする古社と伝えられます。... (もっと見る)
道野辺八幡宮
解説 平将門が下総を征服し中沢城(東城西城)を築城したが、その際、この地を城地の鬼門と目し、厄除け・方除けの神、弓矢兵馬の神、文武勝運守護の神として鎮祭されたと伝えられている。... (もっと見る)
山上大神宮
解説 社伝によると、南北朝時代の応安年間(1368年-1375年)に藤坊という修験者が伊勢の神宮(伊勢神宮)の御分霊を現在の函館市郊外にあたる亀田赤川村に祀ったのが始まり。 江戸時代になり、明暦元年... (もっと見る)
靜岡縣護國神社
解説 靜岡縣護國神社(しずおかけんごこくじんじゃ)は静岡県静岡市葵区にある神社。神紋は「丸に桜」。明治維新から大東亜戦争(太平洋戦争)に至る静岡県出身の英霊7万6千余柱を祀る。 社務所の二階は遺品館になっ... (もっと見る)
美和神社
解説 美和神社は景行天皇の御宇日本武尊により甲斐國 造塩足尼が大和の大三輪神社から勧請し奉った甲斐 國内での古社です。祭神は大物主命で木造衣冠立 姿の御神体は平安時代の様式をもち重要文化財に指 定されていま... (もっと見る)
お三の宮日枝神社
解説 日枝神社(ひえじんじゃ)は、横浜市南区にある神社である。旧村社で吉田新田(横浜関外地区40余ヶ町)の総鎮守。秋祭りは「かながわのまつり50選」にも選ばれ、横浜市内屈指の規模を誇る。通称お三の宮である。... (もっと見る)
富松神社
解説 富松神社は、約1250年前に僧の行基が人々を指導して、猪名野笹原を開拓し、稲作を進めるとともに、富松の里の守り神として神様と仏様をおまつりしたのが始まりと伝えられている。... (もっと見る)
八木山神社
解説 古くから地域の人々の生命の泉として活用してきた沼沢の辺に小祠があり、水の神として崇敬されていた。昭和29年に有志が計って現在地に鎮守の社を造営し、越後神社の分霊を勧請し、大峰神社、前記の水神を合祀し、... (もっと見る)
進雄神社
解説 進雄神社は、群馬県高崎市の神社。平安時代の貞観11年( 869)、諸国に疫病が蔓延した折に清和天皇の勅掟によって尾州の津島神社を勧請して創建したものと言われる。速須佐之男命を主祭神とし、諸武将の崇敬篤... (もっと見る)
柿本神社
解説 地元では「人丸さん」として親しまれている柿本神社は、歌仙・柿本人麻呂を祭神としています。学問・文学の神様として崇敬されているだけでなく、「人麻呂」の名から「ヒトマル」→「火止まる」で火除け、「人生る」... (もっと見る)
東照神社
解説 由緒 創立不詳でありますが、鎌倉時代末期から江戸時代の初期のころの創立と思われる。 もとは、木花咲耶姫を奉斉した浅間神社だったが、明治40年に、差間村の稲荷社、菅原社、間宮村の大白天社、氷川社、北原村... (もっと見る)
海山道神社
解説 洲崎濱宮神明神社(すざきはまみやしんめいじんじゃ)の境内社で海山道開運稲荷神社と称し、丁度、前社は伊勢の内宮さま、後社は外宮さまに当り、境内社の方が著名であるのは誠に尊いことです。  俗に“みやま... (もっと見る)
一幣司浅間神社
解説 一幣司浅間神社の創建は貞観5年(863)に勧請されたのが始まりと伝えられています。 貞観6年(864)に富士山が大噴火を起こし、当地方でも大きな災害となった為、浅間大神と同一神とされる木花開耶姫命の... (もっと見る)