パワースポットを探すなら - パワスポ! -

安産祈願に効くパワースポット

415件中 21 ~ 40件目を表示
金刀比羅神社・神落萱神社
解説 社号標には二つの神社名が併記しあるように、元々別の神社を合祀したのでしょうか。大物主神が最初に書いてあるので、主祭神と思われますが、神落萱神社(かみおちがや)の「子授けもち」の方が有名らしい。この神社... (もっと見る)
矢奈比賣神社
解説 学業成就・安産・子育て・健康守護・五穀豊穣の神として、古くから「見付のお天神様」と崇敬されています。東海随一の学問の大神様が奉祀されていますから、遠近からの参拝者も多く、また、天下の奇祭といわれる裸祭... (もっと見る)
桃太郎神社
解説 河川美日本一と称えられる景勝地、日本ライン木曽川の沿岸にある桃太郎神社。境内には名古屋のアマチュア人形師によって造られた約20体もの実物大人形が点在し、摩訶不思議な空間を演出している。また、宝物館には... (もっと見る)
箱崎八幡神社
解説 島津始祖、忠久公が鎌倉より山門院野田へ下向の途、 筑前博多の沖で逆風に遭い乗船まさに難破せんとした折、 筥崎宮に請願して難を免れ無事山門野院荘之浦に着船、 当社を勧請、野田、名古浦、六月田と遷り五百年... (もっと見る)
八事塩竈神社
解説 塩竃神社の御祭神である塩土老翁神は初めて海水から塩を造ることをお考えになった神様であり海を司っていた神様です。 出産は潮の満ち引きと大きく関係しているという考えから、安産祈願の神様としても有名と... (もっと見る)
伊奴神社
解説 伊奴(イヌ)神社と呼ばれることから、安産や子宝祈願に訪れる方が多いようです。また戌年の初詣は沢山の参拝者で賑わいます。 境内にある白龍社の御神木は樹齢約800年の椎の木で、いつの頃からか白蛇が棲ん... (もっと見る)
産宮神社
解説 古くより安産・育児に御利益のある神社として、多くの参拝がある。 境内には神功皇后が韓土から持ち帰り、植えたと伝えられる梅の御神木「子安梅」があり、妊婦がこの神木に願えば産が軽いと云われている。... (もっと見る)
到津八幡神社
解説 元々、到津にあった社が大分県の宇佐神宮と一緒にまつられるようになって初めて、到津八幡神社と呼ばれるようになった。その後の時代の歴代藩主から、「小倉城の産土神」として大切に扱われてきました。また、一つの... (もっと見る)
大善寺玉垂宮
解説 神功皇后の三韓出兵に大功のあった藤大臣(高良大明神・玉垂命とも称す)が、ここで没したと言われ、天武天皇のころ、672年(白鳳元)三池長者師直が、玉垂宮の古跡に法相宗の僧安泰をして祭神を祀らせ、そばに1... (もっと見る)
初音森神社
解説 伝承として、昔、初音之里に住んでいた高木源兵衛という人の幼児が重病で命も危なかった時その母が森の神祠に7日の願をかけた。そして満願の夜、1人の女性が現れて病児に乳を与えた夢を見た。母が目を覚ますと、病... (もっと見る)
天沼熊野神社
解説 天沼熊野神社の創建年代は不詳ですが、神護景雲二年(768)の創建とも元寇三年(1333)の創建とも伝えられます。その後応永二年(1395)朝倉三河守が当地で帰農し十二所権現と称するようになったといいま... (もっと見る)
箭弓稲荷神社
解説 712年(和銅5年)の創建と伝えられます。その頃は小さな祠だったようですが、1030年(長元3年)に下総国の城主平忠常の討伐に出かけた源頼信がこの周辺に一泊した際に、近くにあった野久稲荷神社に詣でて、... (もっと見る)
飯香岡八幡宮
解説 社伝によれば白鳳年間の創建といわれ、一国一社の国府八幡宮と呼ばれる古社として知られている。東国に縁深い武門の崇敬が厚く、殖産・海上守護・安産子育てなど広く庶民の信仰を集めている。本殿は、正面3間、側面... (もっと見る)
高瀧神社
解説 第40代天武天皇白鳳2癸酉日、山城国賀茂の両社を祀ったのが創祀とされている。以来安産・子育・縁結びの神として広く信仰されてきた。宝暦7年には、徳川9代将軍の祈願所となり、神領10石とともに厚い信仰を受... (もっと見る)
天孫神社
解説 延暦年間(782年~806年)の創建と伝えられます。はじめ琵琶湖畔にあったが、文明年間(1469年~1487年)に現在地に移りました。元慶6年(882年)に従五位下の神位を授けられた「近江国海南神」と... (もっと見る)
堀之郷正八幡宮
解説 天安二年(西暦858年)九州宇佐八幡宮から分霊を勧請してこの地に祀り当初は金光山正八幡宮と号し武門では立身出世・氏族繁栄・行路安全・災難消除の神様として、他に民間では安産・子育ての神様として信仰された... (もっと見る)
山形県護国神社
解説 戊申の役、西南の役以来の殉国の士の霊を合祀。桜の名所で、市内随一の景勝地。例大祭5月11日 ご利益:家内安全、身体堅固、厄除、安産祈願 商売繁盛、旅行安全、方災除 他... (もっと見る)
御賀八幡神社
解説 源頼義・義家父子が都に上る際に、軍を移動する度に神輿を移し、安置した場所に勧請して八幡神社を建立したが、この地で年賀を迎えたために地名を有賀とし、御賀八幡を建立したと伝えられる。矢立の杉、弓立の杉(旧... (もっと見る)
鹿島御児神社
解説 具体的創建時期は不明となるが、往古、鹿島、香取の両神が東夷征伐と辺境開拓にあたり、当地に接岸したとされ、その際に、錨を操作したところ、石を巻き上げたことから、当地、石巻の地名を生んだとされる。そして、... (もっと見る)
伊去波夜和氣命神社
解説 創祀の年代は不明。式内社として、伊去波夜和氣命神社の論社の一つとされている。元々は、字岡の地に鎮座していたとされるが、寛政8年(1796年)に、現在地に遷座したという。 ご利益:交通安全、方災解... (もっと見る)