パワースポットを探すなら - パワスポ! -

安産祈願に効くパワースポット

412件中 1 ~ 20件目を表示
伊勢神宮(内宮)パワーツリー
解説 伊勢神宮内には多くの木々がありますが、その中でも特に大きいとされている荒祭宮付近にあるパワーツリーと言われる大木が、荒祭宮付近にあります、樹齢何百年と長い間生きているこのパワーツリーは多くの人が手を当... (もっと見る)
乙女稲荷神社(根津神社境内)
解説 根津神社の中にある神社で、縁結びスポット。 奥の風穴に、命を育む女性の象徴としてお稲荷様を祀ったことから「乙女」と名がついたそう。 また女性を守る神様がいるんだとか。... (もっと見る)
有馬温泉
解説 兵庫県神戸市北区有馬町、標高約350~500mに位置する山奥の温泉街。 道後、白浜と並び「日本三古湯」の一つとして関西を代表する名泉の一つ。 秀吉に愛された温泉とされ、江戸時代には温泉番付で常... (もっと見る)
霊峰尺間神社
解説 尺間神社(しゃくまじんじゃ)は、大分県佐伯市弥生の尺間山山頂にある神社。 尺間さま、釈魔大権現などとも呼ばれる。 標高645mの尺間山山頂にあり、東九州の霊場として名高い。 「尺間」は「釈魔(魔... (もっと見る)
富来神社
解説 国東市で今一番熱い通りが、富来路ロード、その名のとおり富が来る道なんだとか。 富来神社は、宝くじを買って祈願すると当たると言われているんだそうです。 のどかな田園風景の中に神社があり自然パワーとと... (もっと見る)
伊美別宮社
解説 伊美別宮社(いみべつぐうしゃ)は、大分県国東市国見町伊美に鎮座する神社である。 社伝では、仁和2年(886年)、当時の領主片見貞信の命により、 石清水八幡宮の分霊を奉持して創建されたとされる。 ... (もっと見る)
飛龍山大光院
解説 温泉で全国的に有名な大分県別府市にある飛龍山大光院。 大分県では知る人ぞ知る子宝パワースポットとなっています。 大光院には嫁いらず観音様など、ちょっと珍しいご利益のある観音様も奉られています。... (もっと見る)
宮人曽木の滝公園
[公園]
解説 滝幅210メートル、高さ12メートルの壮大なスケールを誇り、 「東洋のナイアガラ」とも呼ばれる曽木の滝。 千畳岩の岩肌を削るように流れ落ちる水流とその轟音は、 訪れる人々を釘付けにするほど豪快。... (もっと見る)
畝火山口神社
解説 創始の由緒は不詳です。文献の初見は、『新抄格勅符抄』大同元年(806年)の神封一戸を寄せるという記述です。『日本三代実録』によれば、貞観元年(859年)正月27日条には正五位下の神階を授けられ、同年9... (もっと見る)
御首神社
解説 古来より首から上の病気平癒に御利益があるとされ、近年においては学業成就・合格祈願などにも御利益があるといわれています。 2011年(平成23年)12月に、大垣市景観遺産(歴史文化遺産)に指定されまし... (もっと見る)
楊原神社
解説 三嶋大社の境外摂社、伊豆国の三ノ宮と称せられ、伊豆国の名社です。本社は昔、駿河国駿東郡香貫村(沼津市)の地にありましたが後に伊豆国地内の本社三嶋大社の鎮座地三島市小中島に遷座して地名をも楊原と称しまし... (もっと見る)
新日吉神宮
解説 社伝によれば、1160年(永暦元年)後白河上皇の命により、院の御所(法住寺殿)の鎮守社として、現在より南に創建されたと伝えられます。その後、社地を転々とし、現在の社地となったのは、豊国廟が再興された1... (もっと見る)
ときわ台天祖神社
解説 はじまりには諸説あり、創建は不明です。 拝殿と幣殿は昭和5年、本殿は江戸末期に建造されたと言われています。 例祭は毎年9月中旬に行われ、地元の人を中心に盛り上がります。... (もっと見る)
城山熊野神社
解説 長久3年に志村将監が紀州熊野より勧請したことからはじまったパワースポット。 天喜年間では源頼義と義家が奥州追討の武運を祈願し、境内に八幡社を祀りました。 その後、康正年間に千葉信胤が志村城を築城し... (もっと見る)
諫早神社
解説 創始は古く、平城京・奈良時代の神亀五年(西暦728年)に聖武天皇の勅願により行基菩薩が当地へ赴いて石祠を祀ったのが始まりと伝わります。もとは九州総鎮護の神々を御祭神とする「四面宮」という神仏習合の神社... (もっと見る)
咲前神社
解説 安閑天皇元年(534)6月、初の申の日に神石「雷斧石」三柱の御出現を仰ぎ、時の朝廷に上奏したところ、奉幣使、磯部朝臣小倉季氏と共に高椅貞長、峯越旧敬を伴い上毛野国に御下向があり、抜鉾(ぬきほこ)大神「... (もっと見る)
神峰神社
解説 創立年代は定かではありませんが、言い伝えによると室町時代には宮田村の鎮守として神峰山山頂に祀らていたとのことです。その後、山の中腹にある鬼ヶ洗水(鬼が岩を引っ掻いた跡があるらしい場所)に遷座されました... (もっと見る)
金刀比羅神社・神落萱神社
解説 社号標には二つの神社名が併記しあるように、元々別の神社を合祀したのでしょうか。大物主神が最初に書いてあるので、主祭神と思われますが、神落萱神社(かみおちがや)の「子授けもち」の方が有名らしい。この神社... (もっと見る)
矢奈比賣神社
解説 学業成就・安産・子育て・健康守護・五穀豊穣の神として、古くから「見付のお天神様」と崇敬されています。東海随一の学問の大神様が奉祀されていますから、遠近からの参拝者も多く、また、天下の奇祭といわれる裸祭... (もっと見る)
桃太郎神社
解説 河川美日本一と称えられる景勝地、日本ライン木曽川の沿岸にある桃太郎神社。境内には名古屋のアマチュア人形師によって造られた約20体もの実物大人形が点在し、摩訶不思議な空間を演出している。また、宝物館には... (もっと見る)