パワースポットを探すなら - パワスポ! -

商売繁盛に効くパワースポット

237件中 41 ~ 60件目を表示
大島稲荷神社
解説 大島稲荷神社は、慶安年間(1648-1652)に創建したと伝えられ、大島村・大島町の鎮守であったといいます。明治36年に浅草(入谷)の太郎稲荷神社を、昭和19年に大島村愛宕神社(大島5丁目)を合祀、昭... (もっと見る)
猿江神社
解説 平安時代の後期、源頼義・義家(八幡太郎義家)父子による奥州遠征(前九年の役)において、数々の奉勝を立てた家臣の中に「猿藤太」(さるのとうた)という武将がいた。しかし、そんな勇猛な猿藤太も、此の地の入江... (もっと見る)
宇迦八幡宮
解説 亨保年間(1720年)、近江の者で、千田庄兵工氏がこの地に訪れ、時の幕府徳川八代将軍吉宗公に願い出て、この土地を開拓し、村造りの基礎を固める。そして、その名に由来し、武蔵野国南葛飾郡千田新田と名付けら... (もっと見る)
讃岐金刀比羅宮 東京分社
解説 文政2年(1819年)、板橋市左衛門の邸内祠として祀られたことに始まる。明治13年(1880年)には、神社として認められ、明治21年に当宮境外末社に加えられた。明治23年(1890年)には神田和泉町に... (もっと見る)
四ツ家稲荷神社
解説 四ツ家稲荷神社はの創建年代は不詳ですが、次郎左衛門新田四ッ家に「西の宮」と称されていた稲荷社であったといいます。近代になり「東の宮」稲荷社、鵜飼家の屋敷神だった「権現さま」を合祀したといいます。 ... (もっと見る)
旗の台伏見稲荷神社
解説 ・平成8年に鎮座70周年を祝った由緒ある稲荷社。 ・イチョウ、シイの古木など、神木に囲まれた社殿は、地域の守護神として親しまれている。 ・由緒書きによれば、このお稲荷様は霊験あらたかであるという。... (もっと見る)
青雲稲荷神社
解説 青雲稲荷神社の創建年代等は不詳ながら、泊船寺境内に祀られていたといいます。後に当地へ遷座、大井七稲荷の一つだといいます。 ご利益:五穀豊穣、商売繁盛 他... (もっと見る)
袖ヶ崎神社
解説 平安時代の保延3年(1137)に、京都から稲荷大明神を勧請したと伝えられる。もとは忍田稲荷と称した。 江戸時代にはこの付近に大名家や旗本の下屋敷が多く、袖ケ崎神社は、これらの人々の帰依を受けていた。... (もっと見る)
天祖・諏訪神社
解説 天祖諏訪神社の創建年代は不詳ですが、大井村開闢とともに創建されたと伝えられます。江戸期には神明社として、(大井村内)旧浜川町の鎮守でした。昭和40年(「品川区の文化財」では昭和28年)に天祖神社と諏訪... (もっと見る)
荏原金刀比羅神社
解説 荏原金刀比羅神社は、高松城主松平頼久の家臣岡田友次郎永清が金刀比羅大権現の分霊を勧請して安永元年(1772)に創建、昭和5年当地へ遷座したといいます。... (もっと見る)
上野東照宮
解説 東京都、台東区上野公園の神社。1616年お見舞いのために駿府城にいた藤堂高虎と天海僧正は、危篤の家康公の病床に招かれ、三人一つ所に末永く魂鎮まるところを作ってほしいという遺言を受けました。そこで藤堂家... (もっと見る)
古地老稲荷神社
解説 明和9年(1772年)、目黒行人坂の大円寺より出火した火災により周辺一帯が大きな被害を受け、地域の復興もままならず、放火や一揆など不穏な社会を生み出す。これを受け、宗教的な解決策で解消する試みが提案さ... (もっと見る)
御田八幡神社
解説 御田八幡神社は、和銅2年(709)8月に創建した「武蔵国荏原郡御田郷 薭田八幡」に比定されるとも、寛仁年間(1017-1020)に創建したともいいます。(薭田八幡神社は、大田区蒲田薭田神社も比定されて... (もっと見る)
多田朝日森稲荷神社
解説 千葉県香取市に社殿を構える神社です。関東三大稲荷神社の一つに数えられています。江戸時代に京都の伏見稲荷大社より勧請され、多田の西稲荷神社としてはじまったと伝わります。本殿の正面に立つ日本一の「眷属」で... (もっと見る)
箭弓稲荷神社
解説 712年(和銅5年)の創建と伝えられます。その頃は小さな祠だったようですが、1030年(長元3年)に下総国の城主平忠常の討伐に出かけた源頼信がこの周辺に一泊した際に、近くにあった野久稲荷神社に詣でて、... (もっと見る)
赤手拭稲荷神社
解説 神社の縁起については、浪速区史によると、慶長年中(1596~1615年)、堤の中央に浪除松(なみよけまつ)と呼ばれる一大老松があり、その樹の下に祀られた神祠であったことから「松の稲荷」と呼ばれて、そこ... (もっと見る)
検見川神社
解説 千葉市花見川区にある神社です。創建は、平安時代前期の第56代清和天皇の御代の869年頃、全国に流行した疫病を鎮めるために、素盞嗚尊を祀ったことに始まると伝えられています。JR総武本線「新検見川」駅に繋... (もっと見る)
八杉神社
解説 具体的な創建時期などは不明となるが、杉山神社と八王子社が合併し、当社が誕生したとされる。社名も両社の頭をとったものとなる。 ご利益:五穀豊穣、商売繁盛、金運招福、火防守護、武運長久 他 [業種... (もっと見る)
出雲大社 相模分祠
解説 明治21年に現在の秦野市の渋沢、峠地区に建立され、昭和50年に現在位置(秦野市平沢)に移転しました。 正月の福迎祭、春の梅まつり、夏のほおずき市・朝顔市など四季折々のイベントが催され賑わいを見せま... (もっと見る)
白笹稲荷神社
解説 創建当初は白篠稲荷と称する小祠であったといい、年代は詳らかではない。秦野は古代大和豪族秦氏にゆかりの地であるといい、「風土記逸分」によれば、稲荷信仰を広めたのも秦氏で、秦公(はたのきみ)が山城国に「伊... (もっと見る)