パワースポットを探すなら - パワスポ! -

商売繁盛に効くパワースポット

237件中 21 ~ 40件目を表示
砥鹿神社 奥宮
解説 美しい姿の本宮山は、千古の神山として仰がれる。本宮山は、(海抜789m)1,000年近い大木が林立した神山で、頂上付近の自然林は神域として昔より保護され数百種の草木が繁茂し、愛知県天然記念物に指定され... (もっと見る)
砥鹿神社 里宮
解説 砥鹿神社は、愛知県豊川市にある神社。里宮は同県同市一宮町、奥宮は同県同市上長山町にある。 境内には、北側に二宮・三宮を祀る三河えびす社。二宮社(事代主命)、三宮社(建御名方命)、その東側に本社... (もっと見る)
尾張猿田彦神社
解説 元々は木曽川河川敷(大巻山)に鎮座していた千勝神社(猿田彦大神)と宇受売神社(天宇受売大神)が元とされる。そして、猿田彦大神の神託により、本殿が設置され、尾張猿田彦神社と称されたのが当社となる。現在で... (もっと見る)
瀧山東照宮
解説 正保元年(1644年)、徳川家光は徳川家康公が生まれた岡崎城の近くにも東照宮を観請したいと考え、酒井忠勝、松平正綱らに命じてその場所の選定を行わせたという。そして、古跡であり家康もよく訪れていた滝山寺... (もっと見る)
椿神明社
解説 椿神明社は伊勢神宮の外宮にみたてられた社で、豊宇気比売命(とようけひめのみこと)を祀っています。神社の東、今の笈瀬本通りに流れていた笈瀬川(おいせがわ)に、力持ちで男の子に化けるのが得意なカッパが住ん... (もっと見る)
生玉稲荷神社
解説 生玉稲荷大神は、私たちが社会生活をしていく上において欠かすことの出来ない、衣・食・住をつかさどる守護神であり、そのほか男女の縁結び、商工業の取引の縁を取り持つ神様でもあります。 また、「お稲荷さん... (もっと見る)
素盞男社
解説 素盞男尊を祭神として、安永3年(1774年)に創建され、昭和8年に当地に遷座されました。商売繁昌、家内安全を祈願する11月の祭事酉の市(おとりさま)は開運の熊手、福招きの箕、宝船などを求める参拝者で深... (もっと見る)
出雲福徳神社
解説 恵比寿様と大黒様のご利益で知られる出雲福徳神社では、1月5日に初えびす大祭が行われ、商売繁盛や金運を願う参拝者でにぎわいます。同神社は1932年(昭和7年)に島根・出雲大社から分霊されて創建され、平成... (もっと見る)
伊太祁曽神社
解説 祭神である五十猛命はスサノオの尊の御子神で、父神に従って高天原から大八洲国(日本)に天降ったとき、多くの樹木の種を持ってこられ、日本全土に木の種を播き植林されたので、木の神様とされ、4月第1日曜日には... (もっと見る)
丹生川神社
解説 丹生川上神社は本来は一社であるべきであるが、現在、三つの神社が丹生川上神社を名乗っています。 それぞれ上社、中社、下社と呼ばれています。 丹生川上神社は天武年間(673~687年)、天武天... (もっと見る)
大善寺玉垂宮
解説 神功皇后の三韓出兵に大功のあった藤大臣(高良大明神・玉垂命とも称す)が、ここで没したと言われ、天武天皇のころ、672年(白鳳元)三池長者師直が、玉垂宮の古跡に法相宗の僧安泰をして祭神を祀らせ、そばに1... (もっと見る)
初音森神社
解説 伝承として、昔、初音之里に住んでいた高木源兵衛という人の幼児が重病で命も危なかった時その母が森の神祠に7日の願をかけた。そして満願の夜、1人の女性が現れて病児に乳を与えた夢を見た。母が目を覚ますと、病... (もっと見る)
千代保稲荷神社
解説 「おちょぼさん」の愛称で親しまれている千代保稲荷神社は、商売繁盛・家内安全のご利益がある神社とされ、正月や月末は県外からも多くの参拝客が訪れます。 千代保稲荷神社が現在の地に祀られたのは、室町時代... (もっと見る)
太田姫稲荷神社
解説 太田姫稲荷神社は、太田道灌の娘が重い疱瘡に罹った際、小野篁が創建した京都一口稲荷神社を勧請して、江戸城本丸内に長禄元年(1457)創建したと伝えられ、一口稲荷神社とも呼ばれていました。太田道灌は後、当... (もっと見る)
築土神社
解説  天慶3年(940)に現在の大手町周辺の観音堂に平将門を祭り津久戸大明神と称したのがはじまりといわれています。江戸城築城後の文明10年(1478)には、太田道灌が江戸城の乾(北西)、田安台に鎮守として... (もっと見る)
平河天満宮
解説 菅原道真を主神に八幡宮と東照宮(徳川家康)を相殿の神として祭っています。文明10年(1478)に大田道灌が江戸城本丸内の梅林坂上に勧請したのが始まりと言われ、徳川家康入城後、本丸修築のためこれを平川門... (もっと見る)
三崎稲荷神社
解説 創建は建久(12世紀末)以前とされています。氏神社の社号は三崎稲荷神社ですが、金刀比羅神社を合祀しているため、三崎神社と通称されています。創建当初は和田倉付近にあり、その後三崎村に移転、万延元年(18... (もっと見る)
白魚稲荷神社
解説 白魚稲荷神社は、猟師が漁で得た白魚を奉納する慣わしになっていたことから白魚稲荷神社と称されるようになったといいます。創建年代は不詳ですが、白魚稲荷神社の鎮座する旧称羽田猟師町の成立が正保(1645-1... (もっと見る)
徳持神社
解説 御創建は建長年間と伝え、豊前の宇佐八幡宮より御分霊を勧請奉斎、御旗山八幡宮とも称され、荏原郡池上村大字徳持の住民の守護神として尊崇せられ、元徳持の南地区に鎮座、明治39年池上競馬場(目黒記念の発祥の地... (もっと見る)
治兵衛稲荷神社
解説 治兵衛稲荷神社は、当地一帯治兵衛新田を開拓した治兵衛が村の鎮守として山城国伏見稲荷大社の分霊を慶安年間(1648-1652)勧請、創建したといいます。 ご利益:五穀豊穣、商売繁盛 他... (もっと見る)