パワースポットを探すなら - パワスポ! -

商売繁盛に効くパワースポット

237件中 221 ~ 237件目を表示
鷲宮神社
解説 鷲宮神社とは、埼玉県久喜市鷲宮1丁目に所在する神社である。一説には関東最古の大社とされる。また、お酉様の本社とされる。天穂日命とその子の武夷鳥命、および大己貴命を祭神とする。... (もっと見る)
幣立神宮(弊立神社)
解説 幣立神宮は、長野県の分杭峠と同じく、聖地や霊場が集中する中央構造線の上にあり、強力な気の得られるパワースポットとして注目されている。また、高天原神話の発祥の地と言われる。 熊本の宮崎との県境そば、九... (もっと見る)
冠嶽(冠岳)
解説 古くから薩摩の山岳信仰の中心として仏教に影響を与えてきた霊峰。 薩南屈指の霊峰として知られている冠嶽は、東シナ海に面した町である鹿児島県いちき串木野市に聳える連山を総称した呼び名です。この連山の... (もっと見る)
赤石神社
解説 赤石神社(あかいしじんじゃ)は、岩手県紫波郡紫波町に鎮座する神社です。 別称として、志賀理和氣神社(しがりわけじんじゃ、しかりわけじんじゃ、志賀理和気神社) また、浮島明神とも呼ばれています。 ... (もっと見る)
日吉八幡神社
解説 日吉八幡神社(ひえはちまんじんじゃ)は、秋田県秋田市に鎮座する神社です。 創建は不明とされています。 御祭神は、 大山咋神(オオヤマクイノカミ)、大物主神(オオモノヌシ)、八幡神(ヤハタノカミ、... (もっと見る)
阿伎留神社
解説 秋川渓谷沿いに建つ、武蔵国多摩郡八座の筆頭に載る著名の古社。 現在三日間の神幸祭は近郷一の大祭として毎年行う。式内社で、旧社格は郷社。 9月28日から30日に行われる例大祭(五日市祭)は屋根と胴が... (もっと見る)
和霊神社
解説 伊達家初代藩主秀宗の家老で、総奉行として政務を担当していた山家清兵衛は、反対派によって和霊神社内の邸宅で殺害された。非業の死を遂げた清兵衛の魂を祀る。 昭和20年(1945年)に空襲で焼失後、昭和3... (もっと見る)
伊豫豆比古命神社
解説 伊豫豆比古命神社(いよずひこのみことじんじゃ)は、2千年以上の歴史がある神社で、敬称として「椿神社」や「お椿さん」とも呼ばれるほど長く親しまれてきた神社です。縁起開・運財運向上・開運招福・商売繁昌のご... (もっと見る)
上川神社 旭川
解説 1893年(明治26年)に開拓守護として、また旭川の鎮守として創建された神社。天照大神などを祀ります。 境内は、開拓以前の原初の森を残す神楽岡公園にあります。元々アイヌの聖地で、「神々が楽しむ丘... (もっと見る)
物部神社
解説 宮中でも行われる鎮魂祭を行うことで、石上神宮および彌彦神社と共に有名。こちらでは宮中が行う11月22日でなく、11月24日に行われる。 物部氏初代の宇摩志麻遅命を主祭神とする。石見国一宮。 宇摩志... (もっと見る)
宝珠稲荷神社
解説 元和元年(1615年)三河国深溝藩主板倉重昌の屋敷神として祀られたのに始まる。内膳匠重昌は京都所司代及江戸町奉行として有名で、武勇に富み、敬神の念厚く、大阪冬の陣、島原の乱等に追討軍令として鎮台に務め... (もっと見る)
宝童稲荷神社
解説 江戸中期に江戸城内の子育て祈願の稲荷神社を町内の守り本尊として分祀し、町内の氏神様としてお祀りしたのが始まりといわれています。ご祭神は倉稲魂命(うかのみたまのみこと)です。 ご利益 :縁結び、子... (もっと見る)
朝日稲荷神社 
解説 創建年代不詳。 古来より銀座鎮座の稲荷神社。安政の大地震により社殿倒壊し三十間堀川に埋もれ沈み、以来社地荒廃のまま大正期に至る。関東大震災により三十間堀川の川底が隆起し埋もれたる御神璽あらわれ町内崇... (もっと見る)
龍光不動尊
解説 奉安されております龍光不動明王ご尊像は、鎌倉時代の名匠の作で、高野山龍光院に於いて、霊験現れましてから七百幾星霜を経ており、昭和4年5月松屋に念持仏としてお迎えし、屋上の宝殿に安置申し上げ、龍光不動尊... (もっと見る)
銀座稲荷神社
解説 銀座のおいなりさんとして崇敬されている。火防・盗難除・商売繁盛・五穀豊穣の信仰あり。 関東大震災後、越後屋が預かり普段は越後屋ビル屋上に鎮座。公開期間中のみ1階にてお披露目されている。... (もっと見る)
幸稲荷神社 銀座
解説 京都の伏見稲荷から勧請したといわれている、江戸時代からの銀座1丁目の護り神。 古くは太刀売稲荷神社と呼ばれたこともある。商売繁盛・家内安全・縁結びなどに御利益がある。... (もっと見る)
幸稲荷神社
解説 室町時代に現在の芝大門芝公園十号地付近の鎮守として勧請されたことが始まりです。当初は岸之稲荷神社という名称でしたが、氏子と呼ばれる共同の祖先神を祀る人々や信者に次々と幸せが訪れたことから、いつしか幸稲... (もっと見る)