パワースポットを探すなら - パワスポ! -

厄除けに効くパワースポット

374件中 41 ~ 60件目を表示
貴布禰神社
解説 同名の神社が市内の長洲中通三丁目にも存在。発祥の地は長洲(ながす)の貴布禰神社とされ、中世の発展と共に分祀されたものと考えられる。京都の貴船神社を総本宮とする、旧尼崎町の惣氏神。いわゆる尼崎のだんじり... (もっと見る)
蟻通神社(大阪)
解説 熊野街道(現在の大阪府道64号和歌山貝塚線に相当)沿いに広大な境内地を有する神社であった、第二次世界大戦中、明野陸軍飛行学校佐野分教場(佐野飛行場)建設のため現在の長滝地区に移転。規模も縮小した。10... (もっと見る)
砥鹿神社 奥宮
解説 美しい姿の本宮山は、千古の神山として仰がれる。本宮山は、(海抜789m)1,000年近い大木が林立した神山で、頂上付近の自然林は神域として昔より保護され数百種の草木が繁茂し、愛知県天然記念物に指定され... (もっと見る)
箱崎八幡神社
解説 島津始祖、忠久公が鎌倉より山門院野田へ下向の途、 筑前博多の沖で逆風に遭い乗船まさに難破せんとした折、 筥崎宮に請願して難を免れ無事山門野院荘之浦に着船、 当社を勧請、野田、名古浦、六月田と遷り五百年... (もっと見る)
神祇大社
解説 神祇大社は、八百万の神々、すべての神様がいらっしゃる地だといわれる。 また、愛犬と巡れるパワースポットで有名である。... (もっと見る)
砥鹿神社 里宮
解説 砥鹿神社は、愛知県豊川市にある神社。里宮は同県同市一宮町、奥宮は同県同市上長山町にある。 境内には、北側に二宮・三宮を祀る三河えびす社。二宮社(事代主命)、三宮社(建御名方命)、その東側に本社... (もっと見る)
上高田氷川神社
解説 上高田氷川神社は、中野区上高田にある氷川神社です。上高田氷川神社は、上高田一円の鎮守として享徳2年(1453)に創建したと伝えられている。... (もっと見る)
宇都母知神社
解説 当社の創建時期は定かでないが、雄略天皇の御代(495年)に厳粛な祭祀が執り行われたという記録(『日本総国風土記』)。これまでに転社(移転)の記録はないが、同風土記では当社の鎮座地が「相模国鷹倉郡宇都母... (もっと見る)
鏡作神社
解説 正式名称は鏡作坐天照御魂神社(かがみつくりにいますあまてらすみたまじんじゃ)。天照大神が天の岩戸に隠れた際、八咫鏡をつくったと伝わる石凝姥命など三神が祀られている。古くから鏡づくりの神として信仰を集め... (もっと見る)
眞好天神社
解説 天保年間(1830年~1843年)に、これより東の瑞穂区村上町二丁目一番地なる「おどり山」と呼ばれる塚に鎮座していたところ、霊夢によって、当地に遷座するよう神託が告げられ、氏子らは直ちに社殿を造営し、... (もっと見る)
大穴持神社
解説 国分諸古記によると、大己貴命は昔奥州津軽山に鎮座されていた、西国に守護神が少ない故に勅命を以て西国の鎮守として下向。常陸国の橘氏、宮永氏四人の兄弟、岩元氏の一族等一行二十五人で神輿の前後を守護し、奥州... (もっと見る)
豊武神社
解説 豊武地区に出生、居住するか、または生来この地区に関わりのある満40歳となる男子を対象に、男の本厄である数えで42歳の厄払いの儀式が、豊武神社で行われる。地区住民全員を招いて催され、年男たちが裃姿で豆ま... (もっと見る)
葛原八幡神社
解説 当社の創立は、和気清麻呂公の御事蹟に由来するもので称徳天皇の神護慶雲年間(今から一二〇〇余年前)天皇の寵を受け、政界に進出した弓削道鏡は宇佐八幡神の神勅と偽り皇位につこうとしました。清麻呂公は改めて勅... (もっと見る)
生玉稲荷神社
解説 生玉稲荷大神は、私たちが社会生活をしていく上において欠かすことの出来ない、衣・食・住をつかさどる守護神であり、そのほか男女の縁結び、商工業の取引の縁を取り持つ神様でもあります。 また、「お稲荷さん... (もっと見る)
垂裕神社
解説 垂裕明神(秋月藩初代藩主黒田長興)及び歴代藩主・藩主夫人・公子・秋月出身の島原の乱~太平洋戦争までの戦死者を祀っている。... (もっと見る)
城南宮
解説 息長帯日売命(神功皇后)、八千歳神(大国主神)、国常立尊を主祭神とし、他に天照皇大神、品陀別命、別雷神、大山咋神、天児屋根命、宇気毛智神を祀っている。... (もっと見る)
月寒神社
解説 1884年(明治17年)に、広島県出身の移住者が厳島神社の御分霊と稲荷神の2柱を現在の福住地区に祀った。1900年(明治33年)9月7日には北海道庁指令2307号を以い、無格社「西山神社」と公称、創立... (もっと見る)
乳井神社
解説  当社は、 往古、 坂上田村麻呂将軍の勧請を受け、 津軽の国に七社を建立し、 その中の武器を納めた一社と云われ、 創建は承暦二年 (一〇七八年) と伝えられ明治四年の廃藩置県に至るまで、 津軽藩の直願... (もっと見る)
武蔵野八幡宮
解説 桓武天皇の御代延暦八年坂上田村麿が宇左八幡大社の御分霊を祀ったと伝えられて、四代将軍家綱の頃江戸小石川水道橋外吉祥寺火事の後、周辺町民に移住を命じ、寛文初年吉祥寺村開村により村民の氏神様として尊崇され... (もっと見る)
知立神社
解説 社伝では、第12代景行天皇の時に東国平定に赴いた日本武尊が当地で戦勝を祈願し、平定後の帰途に感謝して建国祖神の上記4柱を祀ったのが創建。一方、第14代仲哀天皇元年の創建とする説もあるという... (もっと見る)