パワースポットを探すなら - パワスポ! -

厄除けに効くパワースポット

374件中 21 ~ 40件目を表示
西教寺
解説 西教寺(さいきょうじ)は、滋賀県大津市坂本にある仏教寺院。天台系仏教の一派である天台真盛宗の総本山である。山号は戒光山、本尊は阿弥陀如来。開基は聖徳太子とする伝承もあるが判然とせず、室町時代、中興の祖... (もっと見る)
正永寺
解説 正永寺本堂前にある推定樹齢400年の古木がある。片側に流れ落ちるように咲く姿は趣があります。 胸高周囲3.8m、高さ15mにもなる。... (もっと見る)
妙顕寺
解説 日蓮の遺命を受け、京都布教中の日像が後醍醐天皇より寺領を賜り、妙顕寺を建立。京都における法華宗の根本をなす寺院となった。その後、備前法華の祖と仰がれる大覚を輩出し、法華宗の発展に大きく寄与する。... (もっと見る)
舞岡八幡宮
解説 昔この辺りは「腰村」と呼ばれていたが、乾元元年(1302年)3月に起きた白旗が空を舞うという奇怪な出来事を機に、腰村を「舞岡村」と改め、村の鎮守として舞岡八幡宮も建立されたと言います。明治41年には、... (もっと見る)
中村八幡宮
解説 中村八幡宮は、白鳳4年(676年)に天武天皇の勅令により全国に建立された社のひとつと言われ、永承年間に源頼義・義家父子が前九年の役に際して北関東に建立した八社の八幡社のうちの一社とも言われている。祭神... (もっと見る)
東福寺
解説 東福寺(とうふくじ)は、京都市東山区本町十五丁目にある臨済宗東福寺派大本山の寺院である。山号を慧日山(えにちさん)と号する。本尊は釈迦如来、開基(創立者)は、九条道家、開山(初代住職)は円爾である。京... (もっと見る)
中嶋神社
解説 中嶋神社(なかしまじんじゃ)は、兵庫県豊岡市にある神社。式内社で、旧社格は県社。「菓祖・菓子の神」として製菓業者の崇敬を受け、日本各地に分社がある。... (もっと見る)
粟鹿神社
解説 但馬国随一の古社であり、2000年以上の歴史があるとも言われ。日下部氏との関係が深い。 粟鹿とは、鹿が粟を三束くわえて山(粟鹿山)から現れ、人々に農耕を教えたことからつけられ、粟鹿神社にその鹿が祀ら... (もっと見る)
猿楽神社
解説 古墳時代末期、死者を埋葬した円墳の猿楽塚に建立された神社です。かつて、大小二基の古墳がり江戸時代には朝倉家の屋敷がありました。大正時代、その内のひとつを取り壊し、中から大量の武具が見つかったところ、現... (もっと見る)
咲前神社
解説 安閑天皇元年(534)6月、初の申の日に神石「雷斧石」三柱の御出現を仰ぎ、時の朝廷に上奏したところ、奉幣使、磯部朝臣小倉季氏と共に高椅貞長、峯越旧敬を伴い上毛野国に御下向があり、抜鉾(ぬきほこ)大神「... (もっと見る)
昊天宮
解説 御代草創が明らかではないが(縁起・伝書等、天正2年焼失により)上古より大社として元明天皇の和銅5年、行基菩薩が御神体を郡岳の聖域で謹製奉納したと記されてある。... (もっと見る)
神峰神社
解説 創立年代は定かではありませんが、言い伝えによると室町時代には宮田村の鎮守として神峰山山頂に祀らていたとのことです。その後、山の中腹にある鬼ヶ洗水(鬼が岩を引っ掻いた跡があるらしい場所)に遷座されました... (もっと見る)
粟倉神社
解説 本神社の創祀年代は不詳であるが、天安元年と伝えられ、明治以前は祠頭大明神と称し、東西粟倉の庄の総鎮守であり、歓請の本社は美作一宮中山神社。貞観4年以前は、東西粟倉の庄の氏子が祭事を奉仕したが、争論がよ... (もっと見る)
大槌稲荷神社
解説 大槌稲荷神社は二渡神社とも呼ばれ、由来は最初大屋(安渡小国家屋号)で奉祀した場所は安渡寺沢地内大槌稲荷神社の笹原という処(現安渡三丁目地内)で、安渡村民の願意も厚く正保二年(1645)に波辻崎(現安渡... (もっと見る)
相賀大神社
解説 創建は明らかにされていない、鎌倉時代に根來寺領となった相賀荘の鎮守として、根來の三部権現を勧請したものとされているという。... (もっと見る)
澤田八幡神社
解説 神社に由緒書きは無いが、國府八幡神社由緒に「藤井寺市内には、江戸時代初期の頃に誕生した八幡神社が五社あり、国府八幡神社以外の八幡神社は、誉田八幡宮(羽曳野市)の分霊を勧請したものとされている。... (もっと見る)
宮城県神社庁
解説 宮城県神社庁は伝統のある県内932社の神社を健全な運営と発展のため、神社本庁の指揮の元、神社に関する事務をはじめ、神社の祭りや伝統文化の振興を図るため、諸々の事業を行って居る。... (もっと見る)
伊香具神社
解説 上古、当地が未開の湖沼地であった頃、祭神が来て開拓し、その後子孫を守護するために鎮座した(『近江輿地志略』)、天武天皇の白鳳10年以前に子孫である伊香宿祢豊厚が社殿を建立したといわれる。... (もっと見る)
金鑽神社
解説 金鑚神社は、埼玉県児玉郡神川町字二ノ宮にある神社である。武州六大明神の一つ。 御神体は御室ヶ獄に鎮座しているので神体を置くべき本殿はなく、社殿は拝殿のみという古い祭祀形態を伝える。参道脇に重要... (もっと見る)
豊川進雄神社
解説 大宝元年(701年)、元宮(現在の稲田神社)の地に牛頭天王を奉祀したことに始まるとされる。その後、現在地に遷座した。明治以前は豊川牛頭天皇と言われたが、明治政府の神仏分離方針に従って進雄神社と改められ... (もっと見る)