パワースポットを探すなら - パワスポ! -

勝負運に効くパワースポット

162件中 41 ~ 60件目を表示
長篠城
解説 長篠城(ながしのじょう)は、三河設楽郡長篠にあった日本の城。 特に天正3年(1575年)の長篠の戦いに先立つ 長篠城をめぐる激しい攻防戦で知られる。 現在は国の史跡に指定され、城跡として整備され... (もっと見る)
木山神社
解説 創建は弘仁7年(816年)と伝えられており、古くは感神院・木山牛頭天王とも言われ、京都祇園の八坂神社、播磨国の広峯神社の牛頭天王などと並び、日本最古の天王社として広く一般庶民の信仰を受けている。江戸末... (もっと見る)
川越城
解説 川越城(かわごえじょう)は、埼玉県川越市にあった日本の城です。 江戸時代には川越藩の藩庁が置かれてしました。 別名、初雁城、霧隠城。関東七名城であり、日本100名城の一つでもあります。 通常、川... (もっと見る)
剣山本宮宝蔵石神社
解説 当社は、剣山山頂直下にあり、元々、修験の行場でもあったとされる。また、かつては、源氏と平氏の立場が逆転し、源氏が隆盛を極めていく中、その挽回を期し、四国太郎山(石立山)の不思議の池に安徳帝の御剣を天に... (もっと見る)
東郷神社  渋谷
解説 東郷神社は、日本海海戦でロシアバルチック艦隊を破った元帥海軍大将の東郷平八郎を祭神とする神社である。 乃木希典が明治大帝薨去の際に殉死し、乃木神社が創設された後、海軍軍人を中心に建設が計画され... (もっと見る)
東郷神社 福津市
解説 大峰山の山頂に東郷平八郎をまつる 標高114mの大峰山の山頂付近にあり、1905年に日露戦争を終結させるきっかけとなった日本海海戦の総指揮官、東郷平八郎元帥(とうごうへいはちろうげんすい)を祀っ... (もっと見る)
忌宮神社
解説 忌宮神社は、長門国の二の宮。仲哀(ちゅうあい)天皇・神功(じんぐう)皇后が西国平定の折、豊浦宮を建て、7年間滞在したといわれる古社。また、渡来人が仲哀天皇に蚕種(さんしゅ)を献上したという伝説から、境... (もっと見る)
稗田野神社
解説 和銅2年(709年)、丹波国主により創建された神社で保食命(うけもちのみこと)・大山祇命(おおやまずみのみこと)・野椎命(のづちのみこと)を御祭神とし五穀豊穣・子孫繁栄を祈った。境内にある樫の木の瘤を... (もっと見る)
大歳神社
解説 源義経が壇之浦の合戦に際し、戦勝を祈願した神を祀ります。長い石段を登りつめた境内には、珍しい「七卿落ち」の画碑があります。「七卿落ち」とは、文久3年(1863)8月、京都朝廷で起こった政変により、反幕... (もっと見る)
蛇石神社
解説 南阿蘇村・赤水にある神社で、御神体は白蛇様になります。この辺りの地は自然動物崇拝が昔からあったことから、地元の方々は白蛇様を崇拝してきた経緯が残っているとされています。現在では阿蘇のパワースポットの一... (もっと見る)
宇奈己呂和氣神社
解説 宇奈己呂和気神社(うなころわけじんじゃ)は、福島県郡山市に鎮座する神社です。 式内社(名神大社)で、旧社格は郷社。 創建は欽明天皇11年とされています。 御祭神は、 瀬織津比売命(せおりつひめの... (もっと見る)
天手長男神社
解説 もともと、当社は壱岐国の一宮として篤い崇敬を受けていたが、元寇により荒廃し、所在も不明となっていた。しかし、江戸時代の国学者である橘三喜(たちばなみつよし)が、若宮と呼ばれていた当地の小さな祠をその不... (もっと見る)
妙見山
解説 妙見さんは、日蓮宗の霊場で北極星信仰の聖地として妙見大菩薩をお祭りし、源氏を祖とする能勢氏ゆかりの寺院です。 厄除け開運、隆運隆昌、八方除けなどの厄除けにご利益があると言われています。かなり強い神様... (もっと見る)
長門国嚴島神社 
解説 「嚴島神社記録帳」によると、治承・寿永の乱(いわゆる「源平合戦」)の時代、平家の守護神として安芸国嚴島神社の御分霊を安徳天皇の御座船に祀っていたが、壇ノ浦の戦い後磯辺に放棄されていたという。後に里人に... (もっと見る)
大鏑矢神社(船引大神宮)
解説 大鏑矢神社は、福島県田村市に鎮座する神社です。 御祭神は、 高皇産霊神(タミミムスビノカミ) 大鏑矢神(オオヤマクイノカミ) 坂上田村麿命(サカノウエノタムラマロノミコト) 菅原道真公(スガ... (もっと見る)
大杉神社(勝馬神社)
解説 大杉神社の境内にある神社。馬主、調教師、騎手、競馬ファンなどの競馬関係者が多く参拝するスポット。もともとは朝廷の馬を放牧していた場所。万馬券や一獲千金を狙う人は参拝するとよい。 白い馬をかたどった「... (もっと見る)
鹿島神社
解説 仁明天皇の承和十二年九月二十八日の創建とされます。大永、永禄年間に宇都宮盛綱、宇都宮広綱などが守護職と称して慶長九年には徳川家康より祭祀料として黒印を付せられ、慶安元年九月に三代将軍徳川家光より社領七... (もっと見る)
溝ノ口洞穴(岩穴)
[洞窟]
解説 溝ノ口洞穴は鹿児島県曽於市財部町下財部にある霧島山系の地下水の浸食作用によってできた地下洞穴。入り口の広さが13.8m、高さ8.6mで、全長が224m。 はじめ凝灰岩の小さな割れ目に沿ってにじ... (もっと見る)
柳森神社
解説 室町時代、太田道灌公が江戸城の鬼門除けとして、多くの柳をこの地に植え、京都の伏見稲荷を勧請したことに由来する神社である。 太田道灌の江戸城築城の際、神田佐久間町あたりに柳の森がつくられ、その鎮守とし... (もっと見る)
物部神社
解説 宮中でも行われる鎮魂祭を行うことで、石上神宮および彌彦神社と共に有名。こちらでは宮中が行う11月22日でなく、11月24日に行われる。 物部氏初代の宇摩志麻遅命を主祭神とする。石見国一宮。 宇摩志... (もっと見る)