パワースポットを探すなら - パワスポ! -

勝負運に効くパワースポット

162件中 21 ~ 40件目を表示
赤羽八幡神社
解説 赤羽八幡として知られ、昔の赤羽村、下村、袋村、岩淵宿、稲付村の惣鎮守でした。 伝説では、延暦3年(784)に征夷大将軍の坂上田村麻呂が東夷征伐の折、この地に陣を取り、遙かに八幡三神を勧請して武運... (もっと見る)
小和田御嶽神社
解説 神仏習合の時代のなごりである山号がある神社で、創建の時期は不詳です。 1902年に「御嶽堂」から「御嶽神社」に改称しています。 その後、1919年に無格社石神神社と無格社五霊神社を合祀しました。 ... (もっと見る)
多田神社 中野区
解説 多田神社は、源頼光や頼信の父であり、文武両道に秀でた多田満仲公を御祭神とした神社です。寛治6年(1092)、 源義家が大宮八幡宮(現・杉並区大宮2丁目)に参詣して神鏡を献じ、別当宝仙寺を建立するととも... (もっと見る)
青砥神社
解説 青砥神社は、葛飾区青戸にある神社です。青砥神社は、天正4年(1576)に、三社明神として創建したと伝えられ、青戸村の鎮守だったといいます。明治5年白髭神社と改称、昭和18年に青戸4丁目にあった白山神社... (もっと見る)
正一位岩走神社
解説 1152年、この地を開村した信濃国伊那郡の住民が。故郷に鎮座する戸隠大明神のご分霊を勧請したことががはじまりと言われているパワースポット。 稚日女尊と棚機姫命が祀られています。 正一位岩走神社と称... (もっと見る)
虎柏神社
解説 虎柏神社は、青梅市根ヶ布にある神社です。虎柏神社の創建年代等は不詳ながら、崇神天皇の御代の創建と伝えられる、延書式神名帳所在の旧社だといいます(註:調布市の虎狛神社と共に論社)。天慶3年(940)には... (もっと見る)
悠久石
解説 平成18年7月の豪雨により下槻木地区の林道法面(山腹斜面)が崩壊し、その土砂の中から突如出現したものであります。直径140cm、重さ約4tもの巨大な丸い石だが、人工のものではありません。数千万年前に形... (もっと見る)
御射鹿池
解説 御射鹿池(みしゃかいけ)は、長野県茅野市豊平にあるため池である。 周辺は八ヶ岳中信高原国定公園に指定されており、2010年(平成22年)3月25日には農林水産省のため池百選に選定された。... (もっと見る)
鐵砲洲稲荷神社
解説 鉄砲洲稲荷神社は、江戸湊の入口に鎮座する神社として、地域の人々の信仰を集めてきました。 神社は寛永元年(1624)頃、稲荷橋南東詰に遷りましたが、明治元年(1868)現在地に移転し、今日に至ってい... (もっと見る)
塩原八幡宮
解説 境内には高さ40mで天然記念物の巨大な杉の木が2本立っている。これは源義家が戦勝祈願したとも、植えたものとも伝えられている。そばの社務所では長寿祈願のお守りとして、この神木の枝が入ったお守り(500円... (もっと見る)
日蓮宗 法華道場 光胤山 本光寺
解説 千葉県市川市にある650年の歴史をもつ伝統仏教の寺。身延山久遠寺を総本山とする日蓮宗寺院の光胤山本光寺。供養だけでなく祈願に訪れる人も多い。 光胤山本光寺の稲荷堂(大野天満宮)に向かって、右手に... (もっと見る)
古宮神社
解説 由緒は詳らかではありませんが、元々、赤曽根神社と称し、俗に古宮と呼んだと言います。明治5年村社に列し、大正3年8月11日、無格社大神社、村社産須那神社を合祀しました。大正5年10月神饌弊帛料供進神社に... (もっと見る)
福徳神社
解説 創祀された時は明らかではありませんが、当社に伝わる略記によると、貞観年間(清和天皇・八五九~八七六年)には既に鎮座していたようです。武蔵野の村落である福徳村の稲荷神社として祀られ、その地名をとって社号... (もっと見る)
二宮神社(あきる野)
解説 開運招神の守護神、武蔵六社宮として知られるパワースポットです。 武州六社の中で、唯一式内社ではありません。 御祭神は、国常立尊で神世七代の一柱です。 別称は”小河神社”と言い、古くは多摩郡小川郷... (もっと見る)
半月湖
解説 羊蹄山に4つある登山道のうちの、倶知安(比羅夫)コース途中にある。その名の通り半月の形をした周囲1kmほどのカルデラ湖で、周囲を原生林に囲まれている。湖畔をめぐる散策路も整備されており、エゾエンゴサク... (もっと見る)
射楯兵主神社(釜蓋神社)
解説 古くから武(武士道・勝負)の神様として畏敬されていた。戦前は武運長久を祈り,釜の蓋や鍋を持ったり被ったりして神社に祈願すると,敵の鉄砲の弾が当たらず無事に帰還できると言い伝えが広がった。これにより出兵... (もっと見る)
稲足神社
解説 崇敬神社として地元の方のみならず、広く遠方からもお詣りにお越しいただいております。 韋駄天尊神という、古代インド神話の神が仏教に入り、護法神や伽藍の守護神となりました。 韋駄天伝説にならい、健脚健... (もっと見る)
真田神社
解説 真田神社は、長野県上田市の上田城本丸に鎮座する神社。 戦国時代の天正11年(1583)上田にこの平城を築き城下町を造った真田父子を主神とし、江戸時代に民政を尽くした仙石・松平の歴代藩主を祭神と... (もっと見る)
深志神社
解説 社伝によれば、諏訪明神の夢をたびたび見ていた信濃守護・小笠原貞宗が戦勝に感謝し、暦応2年(1339年)に諏訪明神(建御名方命)を祀って創建したのに始まる。当初は宮村宮(宮村大明神)と称していた。応永9... (もっと見る)
琴弾八幡宮
解説 琴弾八幡宮(ことひきはちまんぐう)は、香川県観音寺市の琴弾山の最も高い山頂部にある神社である。旧社格は県社。三角点(58.3メートル)は別の峰にある。麓に随心門があり381段の参道があるが、一方通行の... (もっと見る)