パワースポットを探すなら - パワスポ! -

勝負運に効くパワースポット

159件中 1 ~ 20件目を表示
いちべ神社
解説 いちべ神社は地元の漁師が海で遭難した時、龍が海上より立ち上がり、漁師の生命を助け、この石に舞い降りたという伝説により、文政11年(1828年)に建立されました。 プロ野球監督やスポーツ選手、さまざま... (もっと見る)
大垣八幡神社
解説 境内にある、鳥居が金運アップのご利益があると言われています。... (もっと見る)
気象神社(氷川神社境内)
解説 日本で唯一の気象の神様が祀られている神社。... (もっと見る)
赤塚諏訪神社
解説 文明年間に千葉自胤が赤塚城の鬼門除けのため、諏訪大社の分霊を勧請したことからはじまった板橋区大門にあるパワースポットです。 以前は十羅刹諏訪合社として下赤塚村の鎮守社だったと割れていますが、明治時代... (もっと見る)
西日暮里諏訪神社
解説 元久2年、豊島左衛門尉経泰が勧請したことから始まると言われており、現在も日暮里や谷中の総鎮守として広く信仰を集めているパワースポットです。 諏訪台JRの線路沿いにあり、鉄道とコラボレーションされた景... (もっと見る)
中村天神社
解説 中村天神社は学問・勉強の神様、菅原道真公が御祭神で、古くより土地住民の尊崇の中心としてまつられています。江戸時代、徳川幕府の文治政治指向にともない名古屋城清水門の守護神とされていましたが、時勢の推移に... (もっと見る)
城南宮
解説 息長帯日売命(神功皇后)、八千歳神(大国主神)、国常立尊を主祭神とし、他に天照皇大神、品陀別命、別雷神、大山咋神、天児屋根命、宇気毛智神を祀っている。... (もっと見る)
築土神社
解説  天慶3年(940)に現在の大手町周辺の観音堂に平将門を祭り津久戸大明神と称したのがはじまりといわれています。江戸城築城後の文明10年(1478)には、太田道灌が江戸城の乾(北西)、田安台に鎮守として... (もっと見る)
猿江神社
解説 平安時代の後期、源頼義・義家(八幡太郎義家)父子による奥州遠征(前九年の役)において、数々の奉勝を立てた家臣の中に「猿藤太」(さるのとうた)という武将がいた。しかし、そんな勇猛な猿藤太も、此の地の入江... (もっと見る)
天祖・諏訪神社
解説 天祖諏訪神社の創建年代は不詳ですが、大井村開闢とともに創建されたと伝えられます。江戸期には神明社として、(大井村内)旧浜川町の鎮守でした。昭和40年(「品川区の文化財」では昭和28年)に天祖神社と諏訪... (もっと見る)
鹿島御児神社
解説 具体的創建時期は不明となるが、往古、鹿島、香取の両神が東夷征伐と辺境開拓にあたり、当地に接岸したとされ、その際に、錨を操作したところ、石を巻き上げたことから、当地、石巻の地名を生んだとされる。そして、... (もっと見る)
伊去波夜和氣命神社
解説 創祀の年代は不明。式内社として、伊去波夜和氣命神社の論社の一つとされている。元々は、字岡の地に鎮座していたとされるが、寛政8年(1796年)に、現在地に遷座したという。 ご利益:交通安全、方災解... (もっと見る)
坪沼八幡神社
解説 天喜4年(1056年)に、陸奥の豪族である阿部頼時が乱を起こしたため、朝廷は、源頼義に頼時の討伐を命じた。すると、頼義は、その子、義家と共に男山八幡宮に賊徒平定の祈願を行い、神像を奉じて東征し各地の賊... (もっと見る)
川端諏訪神社
解説 川端諏訪神社は、葛飾区東立石にある諏訪神社です。川端村が立石村から分村した天正元年(1573)に正覚寺と共に村の鎮守として創建したと伝えられます。末社として境内に八幡、社地外に稲荷、水神の三社が祭祀さ... (もっと見る)
葛西神社
解説 葛西神社は、1185年に葛西清重が、上葛西、下葛西33郷の総鎮守として、香取神宮の分霊を勧請したと言われています。江戸時代には徳川家康から御朱印10石を賜り、9月を例大祭とするようになりました。葛西囃... (もっと見る)
弘道館鹿島神社
解説 弘道館鹿島神社は、安政4年(1857年)5月9日に、水戸藩の藩校である弘道館に創建され、鹿島神宮より御分霊を勧請したと伝えられる。現在も水戸城三の丸の弘道館の跡に鎮座している。 ご利益:勝利祈願... (もっと見る)
札次神社
解説 札次神社は、町田市小山ヶ丘にある神社です。札次神社の創建年代等は不詳ながら、常陸国(茨城県)一之宮鹿島神宮を勧請して創建、寛文6年(1666)には2石2斗の社領を許されたといい、昭和三十九年には片所津... (もっと見る)
赤羽八幡神社
解説 赤羽八幡として知られ、昔の赤羽村、下村、袋村、岩淵宿、稲付村の惣鎮守でした。 伝説では、延暦3年(784)に征夷大将軍の坂上田村麻呂が東夷征伐の折、この地に陣を取り、遙かに八幡三神を勧請して武運... (もっと見る)
小和田御嶽神社
解説 神仏習合の時代のなごりである山号がある神社で、創建の時期は不詳です。 1902年に「御嶽堂」から「御嶽神社」に改称しています。 その後、1919年に無格社石神神社と無格社五霊神社を合祀しました。 ... (もっと見る)
多田神社 中野区
解説 多田神社は、源頼光や頼信の父であり、文武両道に秀でた多田満仲公を御祭神とした神社です。寛治6年(1092)、 源義家が大宮八幡宮(現・杉並区大宮2丁目)に参詣して神鏡を献じ、別当宝仙寺を建立するととも... (もっと見る)