パワースポットを探すなら - パワスポ! -

勉強運に効くパワースポット

264件中 41 ~ 60件目を表示
葛西神社
解説 葛西神社は、1185年に葛西清重が、上葛西、下葛西33郷の総鎮守として、香取神宮の分霊を勧請したと言われています。江戸時代には徳川家康から御朱印10石を賜り、9月を例大祭とするようになりました。葛西囃... (もっと見る)
古録天神社
解説 惶根尊(かしこねみこと)が祭神の古録天神社。境内社には、学業の神様である菅原道真が祭神である北野神社、商売繁盛の矢付稲荷神社がある。例大祭には、お囃子が同乗する獅子頭の山車が出る。... (もっと見る)
興之宮神社
解説 興之宮神社の創建年代等は不詳ながら、寛永7年(1630)10月の改築と伝えられ、興宮村の鎮守だったといいます。興之宮村では、当社を東の宮、本一色天祖神社を西の宮と称されていました。 ご利益:所願... (もっと見る)
千代田稲荷神社
解説 長禄元年(1457)、太田道潅が千代田城(江戸城)を建築した際、城内に京都の伏見稲荷を勧請したことに始まるとされる。その後、徳川家康が江戸城を拡張した慶長七年(1602年)に城内から渋谷宮益に移した時... (もっと見る)
荻窪八幡神社
解説 荻窪八幡神社の創建年代は不詳ですが、寛平年間(889-898)の創建と伝えられ、源頼義が奥州征伐の際に戦勝祈願した他、太田道灌が練馬城を攻める際にも戦勝を祈願したといいます。明治7年村社に列格していま... (もっと見る)
馬橋稲荷神社
解説 馬橋稲荷神社は、杉並区阿佐谷南にある稲荷神社です。馬橋稲荷神社の創建年代は不詳ながら、鎌倉時代末期の創建といいます。明治40年、村内の御嶽神社・白山神社・天神社・水神社を相殿として合祀、昭和2年村社に... (もっと見る)
蟻通神社
解説 開化天皇の時代に勧請され、崇神天皇の時代に意富多々泥古神を神主として拝祭したと伝わる。 かっての祭神は意富多々泥古神であった。 天武天皇の時代、唐の高宗から7曲りの玉を献じられ、これに糸を痛して... (もっと見る)
阿波洲神社
解説 阿波洲神社は、宝暦2年(1752年)に、紀伊国の粟島明神のご分霊を勧請し、創建されたとする。もともと「粟嶋」と表されていたが、暫くは、「あわす」と呼ばれていた。本来、この上保谷新田エリアは、主に、上保... (もっと見る)
大麻止乃豆乃天神社
解説 大麻止乃豆乃天神社は、稲城市大丸にある神社です。大麻止乃豆乃天神社の創建年代は不詳ですが、延喜式神名帳に記載されている多摩八座のうちの一社大麻止乃豆乃天神社と比定されています。江戸時代には、丸宮社・丸... (もっと見る)
蒲神明宮
解説 浜松市東区、西遠女子学園の北側にある袖紫ヶ森の中に鎮座する社が浜松最古の神社、蒲神明宮です。藤原鎌足の子孫である越後守藤原静並公が伊勢大神のご神託を受け、蒲の生い茂るこの地一帯を開発し、初代蒲氏を名乗... (もっと見る)
小金井神社
解説 小金井神社は、小金井市中町にある神社です。小金井神社の創建年代は不詳ですが、当地周辺を開拓した元久2年(1205)に里人が天満宮を奉祀したと伝えられます。新編武蔵風土記稿によると上小金井村・下小金井村... (もっと見る)
町田天満宮
解説 町田天満宮は、町田市原町田にある神社です。町田天満宮は、天正年間(1573-1593)に当地に創建、元和元年(1615)に社殿を造営したといいます。昭和39年大綱神社(飯綱神社)、日枝神社を合祀、社号... (もっと見る)
保木間氷川神社
解説 創建の詳細はわかっておりませんが、1596年頃以前、宝積院と同じ時期に創建されたと言われるパワースポット。 以前は”天神社”と称していましたが、明治5年に伊興氷川神社から分離して、保木間氷川神社と称... (もっと見る)
五条天神社
解説 景行天皇の御代(110)日本武尊が上野山内天神山(摺鉢山)に創建した。寛永18年に菅原道真公を合祀、寛永寺創建により、神職瀬川邸に殿座、昭和3年旧地へ環座したといわれている。東都七福神の一つ。... (もっと見る)
大泉氷川神社
解説 旧新座郡橋戸村の鎮守で、武蔵国一宮である大宮の氷川神社より勧請したものである。創建年代は不詳だが、文永年間(1264~75)とも伝えられる。 旧社殿は明治14年(1881)の改築。その後、老朽化に... (もっと見る)
土支田八幡宮
解説 土支田八幡宮は、練馬区土支田にある八幡宮です。土支田八幡宮の草創については不詳ながら、建久3年 (1192)の創建と伝えられるといいます。土支田村(字俵久保)内にあった八幡社・神明社・稲荷社を明治7年... (もっと見る)
田端八幡神社
解説 田端八幡神社は、文治5年(1189)源頼朝が奥州征伐を終えて凱旋する際、鶴岡八幡宮を勧請して創建されたものとされる。別当寺は東覚寺であった。現在、東覚寺の不動堂の前にたっている一対の仁王像(赤紙仁王)... (もっと見る)
赤羽八幡神社
解説 赤羽八幡として知られ、昔の赤羽村、下村、袋村、岩淵宿、稲付村の惣鎮守でした。 伝説では、延暦3年(784)に征夷大将軍の坂上田村麻呂が東夷征伐の折、この地に陣を取り、遙かに八幡三神を勧請して武運... (もっと見る)
多田神社 中野区
解説 多田神社は、源頼光や頼信の父であり、文武両道に秀でた多田満仲公を御祭神とした神社です。寛治6年(1092)、 源義家が大宮八幡宮(現・杉並区大宮2丁目)に参詣して神鏡を献じ、別当宝仙寺を建立するととも... (もっと見る)
青砥神社
解説 青砥神社は、葛飾区青戸にある神社です。青砥神社は、天正4年(1576)に、三社明神として創建したと伝えられ、青戸村の鎮守だったといいます。明治5年白髭神社と改称、昭和18年に青戸4丁目にあった白山神社... (もっと見る)