パワースポットを探すなら - パワスポ! -

勉強運に効くパワースポット

264件中 21 ~ 40件目を表示
猿江神社
解説 平安時代の後期、源頼義・義家(八幡太郎義家)父子による奥州遠征(前九年の役)において、数々の奉勝を立てた家臣の中に「猿藤太」(さるのとうた)という武将がいた。しかし、そんな勇猛な猿藤太も、此の地の入江... (もっと見る)
天沼熊野神社
解説 天沼熊野神社の創建年代は不詳ですが、神護景雲二年(768)の創建とも元寇三年(1333)の創建とも伝えられます。その後応永二年(1395)朝倉三河守が当地で帰農し十二所権現と称するようになったといいま... (もっと見る)
上野東照宮
解説 東京都、台東区上野公園の神社。1616年お見舞いのために駿府城にいた藤堂高虎と天海僧正は、危篤の家康公の病床に招かれ、三人一つ所に末永く魂鎮まるところを作ってほしいという遺言を受けました。そこで藤堂家... (もっと見る)
烏帽子山八幡宮
解説 寛治7年(1093)創建。 源義家の弟である加茂義綱が祠を建立した事が始まりとされています。 温泉街から気軽に立ち寄れる烏帽子山八幡宮は縁結びや恋愛成就、進学合格成就で有名な神社。結婚式でも... (もっと見る)
宇那禰神社
解説 半世紀以上の歴史が積み重ねられた宇那禰(うなね)神社は仙台市青葉区芋沢にあります。 かつては郷六(ごうろく)村、現在でいえば仙台・宮城ICの近くにあったそうで、慶長14年(1609)に現在地の芋沢... (もっと見る)
櫻岡大神宮
解説 櫻岡大神宮は、仙台市都心部の西、広瀬川 (宮城県)広瀬川左岸の西公園 (仙台市)西公園内にある神社。近代社格制度旧社格は県社。同社の周辺は、仙台市の中でも有数のサクラの名所として知られる。 ご利... (もっと見る)
太子神社
解説 創建時期は不明とされるものの、「羽陰温故誌」によれば、「昔、子供らが日々堂内で遊んだり、縄をつけて神像を道路に放置したりしても、不思議と翌日には元通りに、堂に鎮まっている」と伝えられており、不思議な言... (もっと見る)
山上大神宮
解説 社伝によると、南北朝時代の応安年間(1368年-1375年)に藤坊という修験者が伊勢の神宮(伊勢神宮)の御分霊を現在の函館市郊外にあたる亀田赤川村に祀ったのが始まり。 江戸時代になり、明暦元年... (もっと見る)
靜岡縣護國神社
解説 靜岡縣護國神社(しずおかけんごこくじんじゃ)は静岡県静岡市葵区にある神社。神紋は「丸に桜」。明治維新から大東亜戦争(太平洋戦争)に至る静岡県出身の英霊7万6千余柱を祀る。 社務所の二階は遺品館になっ... (もっと見る)
お三の宮日枝神社
解説 日枝神社(ひえじんじゃ)は、横浜市南区にある神社である。旧村社で吉田新田(横浜関外地区40余ヶ町)の総鎮守。秋祭りは「かながわのまつり50選」にも選ばれ、横浜市内屈指の規模を誇る。通称お三の宮である。... (もっと見る)
湯澤神社
解説 安政5年(1858年)に登別温泉の開拓者であった滝本金蔵が同地に既存していた祠をその地の産土神社として祀ったことに始まる。 ご利益:出世開運、武運長久、縁結び、厄除、八方除、七五三詣、初宮詣、... (もっと見る)
於保多神社
解説 於保多神社は学業成就で知られる神社。富山藩初代藩主前田利次・二代藩主正甫・十代藩主利保を祀る。かつて柳町八幡宮と呼ばれていたが、1873年(明治6年)於保多神社と改称した。絵馬堂の中央に臥牛の像があり... (もっと見る)
音次郎稲荷神社
解説 天地創元の神は天御中主次に高御産巣神次に神産巣日神と云う此の大祖三神より神代七代に降り七代目に伊邪那岐大神、伊邪那美大神御出現し此の神を(祖神)須佐之男大神を(父神)大市毘買神を(母神)となる宇迦魂神... (もっと見る)
鼻顔稲荷神社
解説 今から400年前の永禄年間(1558年~1569年)に、京都伏見稲荷よりの御分霊を祀ると伝わり、日本五大稲荷のひとつに数えられる。 鳥居をくぐり参道を進んだ御姿殿には、巻物を咥えた子持ちの稲荷狐が鎮... (もっと見る)
綾瀬稲荷神社
解説 創建は慶長19年(1614年)と言われているパワースポット。 江戸時代のはじめごろに、村人が浄財を出し合い、京都伏見稲荷より御分霊を勧請申し上げて、御鎮座されました。 江戸時代は”稲荷神社”と呼ば... (もっと見る)
森戸神社
解説 森戸大明神は葉山の総鎮守として800年以上の歴史を持っておる。現存する源頼朝創建の数少ない神社の一つです。静かな葉山森戸の海沿い、少し海に突き出た部分にあり、抜群の眺望と雰囲気である。... (もっと見る)
東照神社
解説 由緒 創立不詳でありますが、鎌倉時代末期から江戸時代の初期のころの創立と思われる。 もとは、木花咲耶姫を奉斉した浅間神社だったが、明治40年に、差間村の稲荷社、菅原社、間宮村の大白天社、氷川社、北原村... (もっと見る)
海山道神社
解説 洲崎濱宮神明神社(すざきはまみやしんめいじんじゃ)の境内社で海山道開運稲荷神社と称し、丁度、前社は伊勢の内宮さま、後社は外宮さまに当り、境内社の方が著名であるのは誠に尊いことです。  俗に“みやま... (もっと見る)
高家八幡神社
解説 健磐龍命の後裔が伊予に来て、健磐龍命を祀り、阿蘇宮としたことに始まるとされる。また、社記によれば健磐龍命の第三子、健岩古命が伊予の賊を征伐し、伊予に住み久米部、山部小楯の遠祖になるという。天慶5年(9... (もっと見る)
東雲神社
解説 文政6年(1823年)に、松山藩11代藩主松平定通が、藩祖である松平定勝の神霊を祀るため、京都の吉田家に神号授与を要請し、息長福玉命の神号を得て、松山城山揚木戸に仮宮を造営し仮勧請したことに始まるとさ... (もっと見る)