パワースポットを探すなら - パワスポ! -

勉強運に効くパワースポット

264件中 1 ~ 20件目を表示
佐嘉神社
解説 佐賀鍋島藩10代藩主・鍋島直正と11代藩主・鍋島直大を祀っている神社です。10代藩主・鍋島直正は、日本国内初の反射炉やアームストログ砲などを作り、近代日本の幕開けに多大な貢献をしたことで知られていて、... (もっと見る)
宇治神社
解説 宇治神社は、京都府宇治市宇治山田にある神社です。 式内社で、旧社格は府社。 隣接する宇治上神社とは対をなしています。 祭神は、菟道稚郎子命(うじのわきいらつこのみこと)です。... (もっと見る)
文殊仙寺
解説 文殊仙寺(もんじゅせんじ)は、大分県国東市国東町大恩寺にある天台宗の寺院である。 山号は峨眉山(がびさん)。寺が所在する文殊山の別名である。 日本三文殊のひとつに数えられる。 寺は「三人寄れば文... (もっと見る)
霊峰尺間神社
解説 尺間神社(しゃくまじんじゃ)は、大分県佐伯市弥生の尺間山山頂にある神社。 尺間さま、釈魔大権現などとも呼ばれる。 標高645mの尺間山山頂にあり、東九州の霊場として名高い。 「尺間」は「釈魔(魔... (もっと見る)
徳丸北野神社
解説 創建1000年以上で区内最古の氏神様と言われているパワースポット。 旧村社で、赤塚氷川神社の兼務社でもあります。 道真公をまつる天満宮で、長徳元年1月11日に奉祀されました。 通算1000回以上... (もっと見る)
ときわ台天祖神社
解説 はじまりには諸説あり、創建は不明です。 拝殿と幣殿は昭和5年、本殿は江戸末期に建造されたと言われています。 例祭は毎年9月中旬に行われ、地元の人を中心に盛り上がります。... (もっと見る)
向陵稲荷神社
解説 関東八屋形のひとつであった秋田藩主・佐竹家の屋敷神としてまつられていたことがはじまりと言われているパワースポットです。 佐竹家は、関ヶ原の合戦において西軍についたため、徳川家康によって秋田方面に飛ば... (もっと見る)
横浜税関(クイーンの塔)
解説 横浜税関(よこはまぜいかん)は日本の税関。 横浜市中区に主たる事務所を置く。 南東北および関東地方にある都県のうち、 東京税関の管轄外である太平洋側の地域を管轄する。... (もっと見る)
神奈川県庁本庁舎(キングの塔)
解説 神奈川県庁舎(かながわけんちょうしゃ)は、神奈川県横浜市中区日本大通に位置する、 神奈川県の行政機関が入居する建物である。 本庁舎・新庁舎・分庁舎・第二分庁舎からなり、一部部署は近隣の民間ビルに入... (もっと見る)
道明寺天満宮
解説 近鉄線「道明寺駅」より徒歩5分、菅原道真ゆかりの深い神社として知られる道明寺天満宮。もとはこの地に住み、初めて埴輪をつくったと伝わる土師氏の氏神だったが、現在は天穂日命、菅原道真、覚寿尼を祀っている。... (もっと見る)
矢奈比賣神社
解説 学業成就・安産・子育て・健康守護・五穀豊穣の神として、古くから「見付のお天神様」と崇敬されています。東海随一の学問の大神様が奉祀されていますから、遠近からの参拝者も多く、また、天下の奇祭といわれる裸祭... (もっと見る)
桃太郎神社
解説 河川美日本一と称えられる景勝地、日本ライン木曽川の沿岸にある桃太郎神社。境内には名古屋のアマチュア人形師によって造られた約20体もの実物大人形が点在し、摩訶不思議な空間を演出している。また、宝物館には... (もっと見る)
箱崎八幡神社
解説 島津始祖、忠久公が鎌倉より山門院野田へ下向の途、 筑前博多の沖で逆風に遭い乗船まさに難破せんとした折、 筥崎宮に請願して難を免れ無事山門野院荘之浦に着船、 当社を勧請、野田、名古浦、六月田と遷り五百年... (もっと見る)
瀧山東照宮
解説 正保元年(1644年)、徳川家光は徳川家康公が生まれた岡崎城の近くにも東照宮を観請したいと考え、酒井忠勝、松平正綱らに命じてその場所の選定を行わせたという。そして、古跡であり家康もよく訪れていた滝山寺... (もっと見る)
中村天神社
解説 中村天神社は学問・勉強の神様、菅原道真公が御祭神で、古くより土地住民の尊崇の中心としてまつられています。江戸時代、徳川幕府の文治政治指向にともない名古屋城清水門の守護神とされていましたが、時勢の推移に... (もっと見る)
眞好天神社
解説 天保年間(1830年~1843年)に、これより東の瑞穂区村上町二丁目一番地なる「おどり山」と呼ばれる塚に鎮座していたところ、霊夢によって、当地に遷座するよう神託が告げられ、氏子らは直ちに社殿を造営し、... (もっと見る)
飛不動
解説 飛不動尊の由来から、空の交通安全と道中安泰旅行安泰を特に祈願した飛行護を授与してもらえる。また航空安全はすなわち”落ちない”と言う事で受験合格のご祈願でお参りされる方々もおられるという。... (もっと見る)
太田姫稲荷神社
解説 太田姫稲荷神社は、太田道灌の娘が重い疱瘡に罹った際、小野篁が創建した京都一口稲荷神社を勧請して、江戸城本丸内に長禄元年(1457)創建したと伝えられ、一口稲荷神社とも呼ばれていました。太田道灌は後、当... (もっと見る)
築土神社
解説  天慶3年(940)に現在の大手町周辺の観音堂に平将門を祭り津久戸大明神と称したのがはじまりといわれています。江戸城築城後の文明10年(1478)には、太田道灌が江戸城の乾(北西)、田安台に鎮守として... (もっと見る)
平河天満宮
解説 菅原道真を主神に八幡宮と東照宮(徳川家康)を相殿の神として祭っています。文明10年(1478)に大田道灌が江戸城本丸内の梅林坂上に勧請したのが始まりと言われ、徳川家康入城後、本丸修築のためこれを平川門... (もっと見る)