パワースポットを探すなら - パワスポ! -

出世運に効くパワースポット

146件中 41 ~ 60件目を表示
札次神社
解説 札次神社は、町田市小山ヶ丘にある神社です。札次神社の創建年代等は不詳ながら、常陸国(茨城県)一之宮鹿島神宮を勧請して創建、寛文6年(1666)には2石2斗の社領を許されたといい、昭和三十九年には片所津... (もっと見る)
関前八幡神社
解説 寛文12年(1672)の開村のときに、旧関前村の鎮守として建てられました。正面に本殿。その左側奥にふたつの素朴な稲荷、三峯の摂社があります。例大祭は9月14・15日に 行われます。 ご利益:出世... (もっと見る)
土支田八幡宮
解説 土支田八幡宮は、練馬区土支田にある八幡宮です。土支田八幡宮の草創については不詳ながら、建久3年 (1192)の創建と伝えられるといいます。土支田村(字俵久保)内にあった八幡社・神明社・稲荷社を明治7年... (もっと見る)
田端八幡神社
解説 田端八幡神社は、文治5年(1189)源頼朝が奥州征伐を終えて凱旋する際、鶴岡八幡宮を勧請して創建されたものとされる。別当寺は東覚寺であった。現在、東覚寺の不動堂の前にたっている一対の仁王像(赤紙仁王)... (もっと見る)
阿豆佐味天神社 立川水天宮
解説 阿豆佐味天神社 立川水天宮は、東京都立川市の神社。寛永6年創祀で、医薬神を祀る阿豆佐味天神社の境内にあり、戌の日の安産祈願が有名。境内社に養蚕の神の蚕影神社をお祀りしており、蚕に災いをなす鼠を捕らえる... (もっと見る)
青砥神社
解説 青砥神社は、葛飾区青戸にある神社です。青砥神社は、天正4年(1576)に、三社明神として創建したと伝えられ、青戸村の鎮守だったといいます。明治5年白髭神社と改称、昭和18年に青戸4丁目にあった白山神社... (もっと見る)
大國神社
解説 大國神社は、豊島区駒込にある神社です。大國神社は、宮司大島家が、天明3年(1783)に邸宅と共に遷座、当年を創建とします。11代将軍徳川家斉が将軍職を継ぐ前から当社に参詣をし、後将軍職を継いだため出世... (もっと見る)
神楽坂若宮八幡神社
解説 鎌倉時代の文治5年(1189年)秋、右大将、源頼朝公が奥州の藤原泰衡を征伐に向った時、当所で戦勝祈願を行い、鎌倉の若宮八幡宮(鶴岡八幡宮の若宮社)を勧請したとされる。当初は仁徳天皇(若宮)を祀っていた... (もっと見る)
穴八幡宮 東京都新宿区
解説 穴八幡宮は、蟲封じの祈祷や流鏑馬などで知られる神社。冬至から頒布される「一陽来復」は金銀融通として信仰の厚い御守り。 宮守の草庵を作るために南の崖を切り崩したときに神穴が出現したことから、高田八幡宮... (もっと見る)
勝利八幡神社
解説 勝利八幡神社は、世田谷区桜上水にある八幡神社です。勝利八幡神社は、万寿3年(1026)京都八幡市に鎮座する石清水八幡宮を勧請、創建したといいます。旧本殿は、天明8年(1788)10月に大工高橋宇八らの... (もっと見る)
檜原神社 奈良
解説 大神神社の摂社のひとつで、御祭神として天照大御神(あまてらすおおみかみ)、伊弉諾命(いざなぎのみこと)、伊弉冉命(いざなみのみこと)を祀る。崇神天皇により宮中で祀っていた天照大御神を移した「倭笠縫邑(... (もっと見る)
虎柏神社
解説 虎柏神社は、青梅市根ヶ布にある神社です。虎柏神社の創建年代等は不詳ながら、崇神天皇の御代の創建と伝えられる、延書式神名帳所在の旧社だといいます(註:調布市の虎狛神社と共に論社)。天慶3年(940)には... (もっと見る)
銀杏岡八幡神社
解説 源義家公 奥州征伐のため下向の折、当地で休憩中川上より銀杏の枝が流れてきた。義家公はその枝を丘の上にさし立て「朝敵退治のあかつきには枝葉栄うべし」と祈願した。奥州平定の後再びこの地に帰り至ったとき銀杏... (もっと見る)
鐵砲洲稲荷神社
解説 鉄砲洲稲荷神社は、江戸湊の入口に鎮座する神社として、地域の人々の信仰を集めてきました。 神社は寛永元年(1624)頃、稲荷橋南東詰に遷りましたが、明治元年(1868)現在地に移転し、今日に至ってい... (もっと見る)
久礼八幡宮
解説 久礼八幡宮は、1707年(宝永4年)宝永地震の津波による被害により記録を失ってしまったため詳細な由緒等については不詳であるが、古くからこの地にある神社である。神宝の鰐口に明徳三年(1392年)とあり、... (もっと見る)
錦天満宮
解説 当天満宮は平安時代前期の十世紀初頭、学問の神となられた菅原道真公の生家『菅原院』に創建されました。菅原道真公は強い神様であることは知られていますが、こちらの神社も例外ではありません。その証拠に鳥居が商... (もっと見る)
瀧尾神社
解説 神社の創建や由来は不詳ですが、歴史は古く「源平盛衰記」に旧名「武鶏ノ社」の名が記され、東大路の五条あたりから応仁の乱などで場所を転々とし、豊臣秀吉の大仏殿建立に伴う移転で現在地へと移されました。元々瀧... (もっと見る)
幣立神宮(弊立神社)
解説 幣立神宮は、長野県の分杭峠と同じく、聖地や霊場が集中する中央構造線の上にあり、強力な気の得られるパワースポットとして注目されている。また、高天原神話の発祥の地と言われる。 熊本の宮崎との県境そば、九... (もっと見る)
赤石神社
解説 赤石神社(あかいしじんじゃ)は、岩手県紫波郡紫波町に鎮座する神社です。 別称として、志賀理和氣神社(しがりわけじんじゃ、しかりわけじんじゃ、志賀理和気神社) また、浮島明神とも呼ばれています。 ... (もっと見る)
下谷神社
解説 横山大観(よこやまたいかん)が描いた龍の絵がある。 過去を清算できる。忘れたい事、嫌なことを洗い流してくれる。 水のパワーが強い。芸能上達。寄席発祥の地。寛政10年(1798)、初代三笑亭可楽(さ... (もっと見る)