パワースポットを探すなら - パワスポ! -

健康運に効くパワースポット

447件中 41 ~ 60件目を表示
御城稲荷神社
解説 宝永五年(1708年)荘内藩六代藩主酒井忠真公が鶴ヶ岡城二の丸東北隅に城内鎮守として社殿を建立される。 年一回の祭礼日には城門を開き農工商一般の」人々の参拝も許され、城内は大変な人出であったと伝えられ... (もっと見る)
坪沼八幡神社
解説 天喜4年(1056年)に、陸奥の豪族である阿部頼時が乱を起こしたため、朝廷は、源頼義に頼時の討伐を命じた。すると、頼義は、その子、義家と共に男山八幡宮に賊徒平定の祈願を行い、神像を奉じて東征し各地の賊... (もっと見る)
宇那禰神社
解説 半世紀以上の歴史が積み重ねられた宇那禰(うなね)神社は仙台市青葉区芋沢にあります。 かつては郷六(ごうろく)村、現在でいえば仙台・宮城ICの近くにあったそうで、慶長14年(1609)に現在地の芋沢... (もっと見る)
仙臺大神宮
解説 明治14年(1881)に神宮教第四教区宮城本部として伊勢神宮禰宜の久米幹文が奥羽教会を創建したのが起源。鎮座地は仙台藩家老茂庭周防邸跡である(現在地)。神宮教が神宮奉斎会に改組されるとともに、神宮奉斎... (もっと見る)
士別神社
解説 明治32年7月、屯田兵第三大隊第五中隊九十九戸が入地、錬兵場の一角に開村記念標を建て、天照皇大神を奉斎、15日入隊式が行われた。これが士別開基、士別神社のご創祀で、この日が例祭日に定められました。明治... (もっと見る)
一ノ矢八坂神社
解説 御神域は、国際的にもユニークな「都市づくり」として注目されている、筑波研究学園都市のほぼ中央に位置し、社地は広大で境内には老杉・欅が鬱蒼と生え茂っており、千幾百年の古き歴史を物語る... (もっと見る)
一之宮貫前神社
解説 社伝によると、創建は安閑天皇元年(531年?)3月15日、鷺宮(現 安中市の咲前神社に比定)に物部姓磯部氏が氏神である経津主神を祀り、荒船山に発する鏑川の流域で鷺宮の南方に位置する蓬ヶ丘綾女谷に社を定... (もっと見る)
乙姫神社
解説 乙姫神社の祭神は新彦の命の末娘とも、健磐龍命の妃阿蘇都比媛とも、新彦の命の長男、惟人命の妃とも言われている。そのいずれかの妃が「疱瘡」を患い、狩尾の黒山に身を移し、治療され、よくなって乙姫の生家に帰宅... (もっと見る)
高山稲荷神社 つがる市
解説 高山稲荷神社は、五穀豊穣、海上安全、商売繁盛の神様として青森県第一の霊験あらたかな神社です。ここの信仰には農業・商業・工業・漁業・家内安全・病気平癒・道中守護・憑物落とし等多様多彩のものがあり、地元を... (もっと見る)
お三の宮日枝神社
解説 日枝神社(ひえじんじゃ)は、横浜市南区にある神社である。旧村社で吉田新田(横浜関外地区40余ヶ町)の総鎮守。秋祭りは「かながわのまつり50選」にも選ばれ、横浜市内屈指の規模を誇る。通称お三の宮である。... (もっと見る)
進雄神社
解説 進雄神社は、群馬県高崎市の神社。平安時代の貞観11年( 869)、諸国に疫病が蔓延した折に清和天皇の勅掟によって尾州の津島神社を勧請して創建したものと言われる。速須佐之男命を主祭神とし、諸武将の崇敬篤... (もっと見る)
疣水磯良神社
解説 疣水磯良神社は疣水神社とも磯良神社とも呼ばれます。神社御神頭の霊泉「玉の井」は、古くから「疣水」の名をもって広く世に知られ、疣はもちろんのこと、諸病平癒に霊験あらたかな御神水として知られている。この「... (もっと見る)
桑原八幡神社
解説 桑原八幡神社は、桑原村古宮という所に、姫大神が鎮座されたことが始まりだと伝わります。 西暦400年頃には、ここにあったと思われ、履中天皇(400~405)の勅願所であったといいます。 その当時は、... (もっと見る)
建速神社
解説 本殿は秦野市内最古のものといわれる神社である。 毎年9月の例大祭で行われる勇壮な「火渡り神輿」が有名という。... (もっと見る)
千代田稲荷神社
解説 長禄元年(1457)、太田道潅が千代田城(江戸城)を建築した際、城内に京都の伏見稲荷を勧請したことに始まるとされる。その後、徳川家康が江戸城を拡張した慶長七年(1602年)に城内から渋谷宮益に移した時... (もっと見る)
道陸神社
解説 もとは戦国時代に、この地方に勢力を誇っていた蛇谷城主松浦肥前守守が、その城内に祀っていたものを、廃城後に木積畑の人びとが現在の場所へ移したものだと伝えられています。信仰の由来は、蛇谷城の兵士が、湧き出... (もっと見る)
札内神社
解説 明治31年、札幌神社(現在の北海道神宮)より、特別神璽を奉戴し、依田農場・広部農場の住民により、墓地付近四つ小屋(現在の文京町)に祠を建て、奉斎安置し、別奴神社と称してお祀りされたのが、札内神社の発祥... (もっと見る)
健田須賀神社
解説 健田須賀神社の御祭神の一柱はスサノオノミコトで、アマテラスオオミカミの弟神にあたります。大変強い神様でヤマタノオロチを退治し、クシナダヒメと自分の意志で結婚し、『八雲たつ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣... (もっと見る)
登渡神社
解説 正保元年(1644年)、下総の豪族、千葉氏の末裔である登戸権介平定胤がその祖先を祀るため、地区の最高点である遠望台(標高約15m)に千葉妙見宮(現在の千葉神社)の末寺を勧請したことに始まる。当初は、白... (もっと見る)
尾針神社
解説 岡山市街地の東西方の丘上に鎮座する。社殿背後には磐境とされる巨石群が残っているほか、丘の東斜面からは土師器・須恵器が出土しており、古くから生活が営まれていたことがうかがわれる。 創建は不詳である... (もっと見る)