パワースポットを探すなら - パワスポ! -

交通安全に効くパワースポット

284件中 41 ~ 60件目を表示
砥鹿神社 里宮
解説 砥鹿神社は、愛知県豊川市にある神社。里宮は同県同市一宮町、奥宮は同県同市上長山町にある。 境内には、北側に二宮・三宮を祀る三河えびす社。二宮社(事代主命)、三宮社(建御名方命)、その東側に本社... (もっと見る)
尾張猿田彦神社
解説 元々は木曽川河川敷(大巻山)に鎮座していた千勝神社(猿田彦大神)と宇受売神社(天宇受売大神)が元とされる。そして、猿田彦大神の神託により、本殿が設置され、尾張猿田彦神社と称されたのが当社となる。現在で... (もっと見る)
生玉稲荷神社
解説 生玉稲荷大神は、私たちが社会生活をしていく上において欠かすことの出来ない、衣・食・住をつかさどる守護神であり、そのほか男女の縁結び、商工業の取引の縁を取り持つ神様でもあります。 また、「お稲荷さん... (もっと見る)
伊太祁曽神社
解説 祭神である五十猛命はスサノオの尊の御子神で、父神に従って高天原から大八洲国(日本)に天降ったとき、多くの樹木の種を持ってこられ、日本全土に木の種を播き植林されたので、木の神様とされ、4月第1日曜日には... (もっと見る)
丹生川神社
解説 丹生川上神社は本来は一社であるべきであるが、現在、三つの神社が丹生川上神社を名乗っています。 それぞれ上社、中社、下社と呼ばれています。 丹生川上神社は天武年間(673~687年)、天武天... (もっと見る)
大善寺玉垂宮
解説 神功皇后の三韓出兵に大功のあった藤大臣(高良大明神・玉垂命とも称す)が、ここで没したと言われ、天武天皇のころ、672年(白鳳元)三池長者師直が、玉垂宮の古跡に法相宗の僧安泰をして祭神を祀らせ、そばに1... (もっと見る)
初音森神社
解説 伝承として、昔、初音之里に住んでいた高木源兵衛という人の幼児が重病で命も危なかった時その母が森の神祠に7日の願をかけた。そして満願の夜、1人の女性が現れて病児に乳を与えた夢を見た。母が目を覚ますと、病... (もっと見る)
飛不動
解説 飛不動尊の由来から、空の交通安全と道中安泰旅行安泰を特に祈願した飛行護を授与してもらえる。また航空安全はすなわち”落ちない”と言う事で受験合格のご祈願でお参りされる方々もおられるという。... (もっと見る)
猿江神社
解説 平安時代の後期、源頼義・義家(八幡太郎義家)父子による奥州遠征(前九年の役)において、数々の奉勝を立てた家臣の中に「猿藤太」(さるのとうた)という武将がいた。しかし、そんな勇猛な猿藤太も、此の地の入江... (もっと見る)
箭弓稲荷神社
解説 712年(和銅5年)の創建と伝えられます。その頃は小さな祠だったようですが、1030年(長元3年)に下総国の城主平忠常の討伐に出かけた源頼信がこの周辺に一泊した際に、近くにあった野久稲荷神社に詣でて、... (もっと見る)
天孫神社
解説 延暦年間(782年~806年)の創建と伝えられます。はじめ琵琶湖畔にあったが、文明年間(1469年~1487年)に現在地に移りました。元慶6年(882年)に従五位下の神位を授けられた「近江国海南神」と... (もっと見る)
白笹稲荷神社
解説 創建当初は白篠稲荷と称する小祠であったといい、年代は詳らかではない。秦野は古代大和豪族秦氏にゆかりの地であるといい、「風土記逸分」によれば、稲荷信仰を広めたのも秦氏で、秦公(はたのきみ)が山城国に「伊... (もっと見る)
永福稲荷神社
解説 永福稲荷神社は八王子市新町の鎮守で祭神は倉稲魂命(ウカノミタマノミコト)。古くはこのあたり一帯は竹の鼻と呼ばれていたところから、竹の鼻稲荷神社とも言われていた。厄除け、開運、出世、勝運、商売繁盛、心願... (もっと見る)
小石川大神宮
解説 創立御鎮座は昭和四十一年三月七日です。これはさきに伊勢の神宮総代であった創立者佐佐木勝造翁の赤誠による申請に対して、伊勢の神宮より特別御神璽(別大麻)を特に拝戴し、創立御鎮座したことに依る。... (もっと見る)
伊去波夜和氣命神社
解説 創祀の年代は不明。式内社として、伊去波夜和氣命神社の論社の一つとされている。元々は、字岡の地に鎮座していたとされるが、寛政8年(1796年)に、現在地に遷座したという。 ご利益:交通安全、方災解... (もっと見る)
旅立稲荷神社
解説 永保年間(1081年~1083年)に、山城国伏見稲荷神社の御分霊を勧請し稲荷大明神と称したことに始まるとされる。その後、明治4年9月に保食神社を合祀し、昭和34年9月現在の社名となる旅立稲荷神社に改称... (もっと見る)
宇那禰神社
解説 半世紀以上の歴史が積み重ねられた宇那禰(うなね)神社は仙台市青葉区芋沢にあります。 かつては郷六(ごうろく)村、現在でいえば仙台・宮城ICの近くにあったそうで、慶長14年(1609)に現在地の芋沢... (もっと見る)
與杼神社
解説 愛宕念仏寺などを再興した千観内供が応和年間(961年-964年)頃に肥前国(現在の佐賀県)佐賀郡河上村の與止日女神社より淀大明神を勧請して建立された。... (もっと見る)
神前神社
解説 社伝によれば、往古神武天皇が大和入国の途中、この地に上陸して「天神洲(てんじんす)」と名付け、小祠を建て産土神として崇敬したのが始まり。また、地名を神嵜(かんざき)と名付けた。これが同地の名の亀崎の由... (もっと見る)
一之宮貫前神社
解説 社伝によると、創建は安閑天皇元年(531年?)3月15日、鷺宮(現 安中市の咲前神社に比定)に物部姓磯部氏が氏神である経津主神を祀り、荒船山に発する鏑川の流域で鷺宮の南方に位置する蓬ヶ丘綾女谷に社を定... (もっと見る)