パワースポットを探すなら - パワスポ! -

交通安全に効くパワースポット

284件中 21 ~ 40件目を表示
稚内灯台
解説 稚内灯台(わっかないとうだい)は北海道稚内市の野寒布岬に建つ灯台。 宗谷岬灯台と同様に樺太の対岸にある国境の灯台であり、 国際海峡である宗谷海峡の航路を守る重要な灯台である。 また、ここから南に... (もっと見る)
宗谷岬灯台
解説 宗谷岬灯台は北海道稚内市宗谷岬に建つ灯台。 日本国政府が管理する灯台としては日本国最北に位置する。 「日本の灯台50選」認定灯台。 稚内灯台と同様に樺太の対岸にある国境の灯台であり、 国際海峡... (もっと見る)
姫埼灯台
解説 姫埼燈台は、新潟県佐渡市の両津湾入口、姫崎の突端に立つ 白亜六角形鉄造の中型灯台。 周辺は佐渡弥彦米山国定公園に指定され、日本海を望む風光明媚の地。 日本で現役の鉄造灯台としては最古であり、 ... (もっと見る)
釣島灯台
解説 釣島灯台は愛媛県松山市の瀬戸内海の安芸灘・伊予灘間を通じる 重要航路釣島水道中にある釣島に立つ石造の灯台。 1873年、「灯台の父」と呼ばれるリチャード・ヘンリー・ブラントンの 設計により、倉橋... (もっと見る)
友ヶ島灯台
解説 友ヶ島灯台(ともがしまとうだい)は、和歌山県和歌山市加太沖の、 紀淡海峡上にある群島「友ヶ島」の沖ノ島にある灯台。 友ヶ島灯台は、明治初期の大坂条約によって建設された5基の洋式灯台の一つで、 日... (もっと見る)
船詰神社
解説 船詰神社(ふなづめじんじゃ)は、兵庫県尼崎市東園田町一丁目359番に鎮座する神社です。 主祭神は鳥之磐楠船命(とりのいわくすふねのみこと)です。 旧冨田村の氏神として古くより当地に祀られていたお宮... (もっと見る)
御首神社
解説 古来より首から上の病気平癒に御利益があるとされ、近年においては学業成就・合格祈願などにも御利益があるといわれています。 2011年(平成23年)12月に、大垣市景観遺産(歴史文化遺産)に指定されまし... (もっと見る)
ときわ台天祖神社
解説 はじまりには諸説あり、創建は不明です。 拝殿と幣殿は昭和5年、本殿は江戸末期に建造されたと言われています。 例祭は毎年9月中旬に行われ、地元の人を中心に盛り上がります。... (もっと見る)
倶知安神社
解説 御祭神は人皇第15代応神天皇です。クッチャン原野に入植した縫部兼次郎・萬代佐太郎・山本保次郎・山本弥平は、明治29年4月2日入植者達と協議し、開拓の守護神として石清水八幡宮より誉田別尊の御分霊を勧請、... (もっと見る)
六条八幡宮
解説 社伝によれば、六條八幡宮の所在する山田の地は神功皇后の行宮が所在した霊地であり、そこに平安時代中期の長徳元年(995年)、周防国の僧、基灯が八幡三神を祀る宝殿を建てたのが当社の起源であるといい、元禄5... (もっと見る)
脇浜戎大社
解説 今宮戎や西宮戎と並んで、三大戎神社として知られる、泉州で最も古い戎社です。脇浜・二色浜海岸一帯は、古来より豊かな漁場と白砂青松の景勝地として知られ、奈良・京都の都に近いことから、宮中で食事などを司る「... (もっと見る)
乙女の滝
解説 乙女の滝(おとめのたき)は北海道札幌市手稲区手稲金山にある滝である。 下流には星置の滝がある。 JR北海道手稲駅で発売された、手稲区区制20周年記念入場券のデザインにもなったという。... (もっと見る)
大木白山社
解説 遠く神代の昔、霊峰白山を神体山として、生きとし生けるものの「生命(いのち)」の祖神と仰ぐ、白山比咩の大神様を、本宮からご分霊を拝載して創ったと伝えられます。その創建は定かならずも、現御社殿は享保元年に... (もっと見る)
舞岡八幡宮
解説 昔この辺りは「腰村」と呼ばれていたが、乾元元年(1302年)3月に起きた白旗が空を舞うという奇怪な出来事を機に、腰村を「舞岡村」と改め、村の鎮守として舞岡八幡宮も建立されたと言います。明治41年には、... (もっと見る)
咲前神社
解説 安閑天皇元年(534)6月、初の申の日に神石「雷斧石」三柱の御出現を仰ぎ、時の朝廷に上奏したところ、奉幣使、磯部朝臣小倉季氏と共に高椅貞長、峯越旧敬を伴い上毛野国に御下向があり、抜鉾(ぬきほこ)大神「... (もっと見る)
神峰神社
解説 創立年代は定かではありませんが、言い伝えによると室町時代には宮田村の鎮守として神峰山山頂に祀らていたとのことです。その後、山の中腹にある鬼ヶ洗水(鬼が岩を引っ掻いた跡があるらしい場所)に遷座されました... (もっと見る)
豊國神社(岡山)
解説 当社のもとの鎮座地は、現在の豊国原の字宮の元にあり、豊国郷中の総社で豊国浜の宮と称す。正和3年(1314年)5月、大雨で社殿が流失したので、同年9月夜北の山に奉遷した。以来総社山王宮と称したが、慶応4... (もっと見る)
三光稲荷神社
解説 創建は明らかでないが、天正14年(1586)の伝承があり。犬山城内三狐寺山に鎮座せられ(現在の丸の内緑地公園内)、古きより織田信長の叔父織田信康公の崇敬殊に厚く、また犬山城主成瀬家歴代の守護神として天... (もっと見る)
砥鹿神社 奥宮
解説 美しい姿の本宮山は、千古の神山として仰がれる。本宮山は、(海抜789m)1,000年近い大木が林立した神山で、頂上付近の自然林は神域として昔より保護され数百種の草木が繁茂し、愛知県天然記念物に指定され... (もっと見る)
箱崎八幡神社
解説 島津始祖、忠久公が鎌倉より山門院野田へ下向の途、 筑前博多の沖で逆風に遭い乗船まさに難破せんとした折、 筥崎宮に請願して難を免れ無事山門野院荘之浦に着船、 当社を勧請、野田、名古浦、六月田と遷り五百年... (もっと見る)