パワースポットを探すなら - パワスポ! -

くじ運に効くパワースポット

23件中 1 ~ 20件目を表示
富来神社
解説 国東市で今一番熱い通りが、富来路ロード、その名のとおり富が来る道なんだとか。 富来神社は、宝くじを買って祈願すると当たると言われているんだそうです。 のどかな田園風景の中に神社があり自然パワーとと... (もっと見る)
金城霊沢
解説 かつて芋掘藤五郎という男が芋を洗ったところ、砂金がでてきたことから「金洗いの沢」と呼ばれた。そこから「金沢」の地名が生まれた。金運のパワースポットともいわれている。... (もっと見る)
浜野浦の棚田
[森林]
解説 海岸から駆け上がる階段のように、大小283枚の田んぼが幾重にも連なっている棚田。 菜の花の季節にはゆれる黄色いじゅうたんのかわいらしさに気分もうっとり。 4月下旬から1ヶ月ほどは水平線に沈む夕日が... (もっと見る)
自転車神社
解説 主祭神は大山積大神で、中世には因島村上水軍の守護神として崇敬されています。 交通の守り神様であられる、和多志(わたし)大神様をお祀りする和多志神社は、通称自転車神社と言われ、サイクリストの方々がお参... (もっと見る)
仁馬山古墳
解説 墳形は前方後円形で、前方部を西北西方に向けている。前方部は未発達で、古い様相を呈しています。墳丘長は約75メートルを測るが、これは長門地方最大、山口県でも第3位の規模。墳丘は後円部のみ3段築成で、全体... (もっと見る)
大杉神社(勝馬神社)
解説 大杉神社の境内にある神社。馬主、調教師、騎手、競馬ファンなどの競馬関係者が多く参拝するスポット。もともとは朝廷の馬を放牧していた場所。万馬券や一獲千金を狙う人は参拝するとよい。 白い馬をかたどった「... (もっと見る)
柳森神社
解説 室町時代、太田道灌公が江戸城の鬼門除けとして、多くの柳をこの地に植え、京都の伏見稲荷を勧請したことに由来する神社である。 太田道灌の江戸城築城の際、神田佐久間町あたりに柳の森がつくられ、その鎮守とし... (もっと見る)
叶神社
解説 ギャンブル運、金運、勝負運などにご利益がある。 「叶」を分けると「ロ」と「十」になりロトと読めることからロト6に当りたいという祈願者が殺到している。 叶神社は地域社会共に栄え、住民(氏子)は繁栄と... (もっと見る)
貧乏神神社
解説 金運、仕事運、ギャンブル運、勝負運などにご利益がある。 「貧棒」という棒で御神木を叩いたり蹴ったりするというユニークな参拝方法がある。これにより自分の中の弱い心を追い出せる。... (もっと見る)
千手院銭亀堂
解説 日本で唯一の金運招福の神・銭亀善神を祀る銭亀堂。この銭亀善神は、欲しいものが手に入らなくて苦しんでいる人を助ける神、 金運を運ぶ神として崇敬を集めています。 銭亀善神に願掛けする場合は、授与所で金運招... (もっと見る)
サンメッセ日南
[]
解説 ここにあるモアイ像は日本とイースター島との友好の証として建立されたもの。イースター島長老会公認による世界初の完全復刻像。モアイ=最愛ということで、縁結びのご利益がある。悪縁切り。平和。 海沿いに7体... (もっと見る)
宝来宝来神社
解説  宝来宝来とは、決して宝(宝くじやお金)が来ることだけを意味するのではありません。 宝とは、ある人にとっては子供であり、恋人であり、夫婦円満であり、人と人との交流であり、良い友達ももちろん宝です。... (もっと見る)
聖母宮
解説 安産、子宝、海上安全、勝負の神様。 神宮皇后を祭った聖母宮は、勝本の総鎮守でもあります。 創建時期は奈良時代初期といわれており、勝本の地名も「風本(かざもと)」から神功皇后が名付けたと伝えられてい... (もっと見る)
若宮15社めぐり
解説 春日大社に隣接する摂社・末社15社を巡拝し、自分の一生をたどりながら神様とご縁を結ぶ若宮15社めぐり。夫婦大國社にて受付を済ませ、玉串札をもらい若宮15社それぞれに奉納していきます。御祭神とご利益は下... (もっと見る)
円明院
解説 世界一のパワースポットと言われるこのお寺、なぜ最近注目されているのかというと、円明院にまつわる今世紀最大の奇跡として東日本大震災の際『円明院を津波が避けて通った』ということではないかと思います。 福... (もっと見る)
宝当神社
解説 御祭神は野崎隠岐守綱吉命(のざきおきのかみつなよしのみこと)。 宝くじ当選。 宝を射止める慧眼 宝当神社は唐津湾に浮かぶ高島にある神社。高島の氏神を祀った塩屋神社の境内社。... (もっと見る)
茂宇気神社
解説 かつては妙見大権現[みょうけんだいごんげん]とよばれる地元の産土神だったが、元禄5年(1692)に茂宇気神社と改名。名前の語呂から商売繁盛に御利益があるといわれる。町から少し離れているうえ、文政7年(... (もっと見る)
金持神社
解説 810年出雲の神官の次男が、伊勢神宮参拝のためこの地を通りかかったところ、お守りとして身につけていた神前の根付の玉石が急に重くなりました。そして、この地に宮造りするよう神夢があったので、宮造りしたと伝... (もっと見る)
白蛇神社
解説 金運(宝くじ当選)、子宝、病気平癒、合格祈願、商売繁盛、その他が叶うと参詣される方が多い。 当神社の隣には白蛇資料館(一般財団法人白蛇保存会)と屋外飼育施設(岩国市教育委員会)があり、生きた天然... (もっと見る)
銭形砂絵
解説 縦122メートル、横90メートル、周囲345メートルの楕円形をしており、琴弾公園山頂の展望台からみると真円に見える。夜になるとライトアップされる。 謂れは「1633年(寛永10年)に、丸亀藩藩主... (もっと見る)