パワースポットを探すなら - パワスポ! -

高知県のパワースポット

64件中 1 ~ 20件目を表示
大北川渓谷
解説 吉野川の支流、大北川の上流にある渓谷。 ブナの巨木で知られる大座礼山からの流れが美しい渓谷美をみせる。 川沿いの木々が色づく時期は、特に魅力的です。... (もっと見る)
別府峡
解説 剣山国定公園の物部川源流域にある渓谷で、 四季を通して変化に富んだ風景が楽しめます。 紅葉の名所として有名で、山一面が紅葉に染まる秋の美しさは格別です。... (もっと見る)
室戸岬灯台
解説 室戸岬灯台は、高知県室戸市室戸岬町の室戸岬付近の高台に立つ白亜の鉄造灯台。 周辺は、室戸阿南海岸国定公園に指定され、太平洋を望む風光明媚の地。 光達距離26.5海里は日本一。 また、日本に5箇所... (もっと見る)
サニーサイドパーク
解説 宿毛市坂ノ下の国道321号沿いにあり、市民の憩いの場として、 観光客の休憩場として利用されています。 パーク内には、宿毛湾で採れたばかりの魚介類や干物類、サンゴ製品、 農産物、民芸品などを 豊富... (もっと見る)
咸陽島
[]
解説 宿毛湾の大島にあり、落日の景観がすばらしい。 目の前には海岸が広がり、冬は「だるま夕日」春には桜の観賞、 夏には海水浴や砂場の利用者で賑わう自然豊富な憩いの場である。... (もっと見る)
四万十川
解説 四万十川(しまんとがわ)は、高知県の西部を流れる渡川水系の本川で、一級河川。全長196km、流域面積2186km2。 四国内で最長の川で、流域面積も吉野川に次ぎ第2位となっている。 本流に大規模な... (もっと見る)
春野総合運動公園
[公園]
解説 高知県立春野総合運動公園陸上競技場は、 高知県高知市の高知県立春野総合運動公園にある陸上競技場兼球技場。 施設は高知県が所有し、財団法人高知県スポーツ振興財団が指定管理者として運営管理を行っている... (もっと見る)
為松公園
[公園]
解説 四万十市街の西側に盛り上がった、古城山一帯を占める市民公園。 中村城跡。約500本の桜のほか、セキチク、ツツジ等が植栽されています。... (もっと見る)
高知公園
[公園]
解説 山内一豊(やまうちかつとよ)が築城した高知城を中心に形成された歴史公園。 城跡全域が国の史跡で、山内一豊や妻千代、板垣退助の像なども立つ。... (もっと見る)
樽の滝
解説 樽の滝(たるのたき)は、高知県高知市にある鏡川ダム湖の奥、鏡川の支流・穴川川の最上流部に位置する滝である。高さ65mの2段瀑で、大水が出ると大樽を揺るがすような音がするため「樽の滝」という名が付いたと... (もっと見る)
五台山公園
[公園]
解説 高知県を代表する夜景スポットが、ここ五台山公園です。 市街地から15分程度行くことができ、駐車場に車を止めて、 フロントガラス越しに夜景を望むこともできます。 公園の敷地内に足を運べば、展望台が... (もっと見る)
松尾八幡宮
解説 ... (もっと見る)
桂浜公園
[]
解説 高知市の南、太平洋に面した景勝地で、日本の渚・百選の一つ。 桂浜公園として整備されている。 桂浜水族館や坂本龍馬記念館のほか、土産物店も多く並ぶ観光地。 雄大な太平洋に面した景勝地。月の名所とし... (もっと見る)
入野海岸
[]
解説 長さ約4km・幅約200mの広大な砂浜を持つ、 日本の渚百選にも選ばれた海岸。 そこに存在する自然や人すべてが作品であるという「砂浜美術館」構想を掲げ、 約1000枚のTシャツを砂浜に展示する「... (もっと見る)
さめうら湖(早明浦ダム)
解説 四国の水瓶として重要な役割を果たしているさめうら湖は、 春は桜、初夏は土佐町の花である紫陽花、 そして秋は紅葉と四季折々の彩りが美しい湖です。 8月は、早明浦湖水祭り、やまびこカーニバルなどが実... (もっと見る)
牧野公園(高知県)
[公園]
解説 明治35年、植物学者牧野富太郎博士が東京染井で見つけた桜ソメイヨシノの苗を 送ってこられ、それを地元の有志が青源寺の土手などに植えたことにはじまり。 昭和33年に「牧野公園」と称し、中腹には、牧野... (もっと見る)
鏡野公園
[公園]
解説 高知県立鏡野公園とは、高知県香美市に位置する県立公園である。 開園は1978年(昭和53年)。日本さくら名所100選にも選ばれている。 高知工科大学と隣接しているが、柵や塀のようなもので囲っている... (もっと見る)
猿田洞
[洞窟]
解説 1858年に発見された忍者・日下茂平(くさかもへい)の 修行の地としての伝承も残っている猿田洞。 全長約1420mの石灰洞で村指定の文化財です。 洞内は探勝できるよう整備されているが、 人の手... (もっと見る)
大山岬(太平洋を望む伊尾木漁港石積堤)
解説 大山岬にある伊尾木漁港石積堤は、土佐藩の家老野中兼山が築造した港で、 江戸時代の終わりに石組と防波の建設に取りかかったが、藩の財政難から工事は中断。 長い時を経て平成12年にようやく完成した。... (もっと見る)
足摺テルメ(展望台アネモネ)
解説 白い灯台がシンボルの足摺岬は高知県最南端の岬で、 黒潮が日本で一番最初に接岸する場所。 その高台に位置し眼下に太平洋の大パノラマを臨む「四国最南端 絶景リゾートホテル 足摺テルメ」の 駐車場にあ... (もっと見る)