パワースポットを探すなら - パワスポ! -

神社・寺院のパワースポット

5633件中 5621 ~ 5633件目を表示
波上宮
解説 波上宮(なみのうえぐう)は沖縄県那覇市にある神社。 近代社格制度では官幣小社に列格され、現在では神社本庁の別表神社に指定されている。 那覇港を望む高台の上に位置し、「なんみんさん」「ナンミン」とし... (もっと見る)
古宇利島
解説 伝説が残る恋の島「古宇利島」 古宇利大橋からの絶景が人気のスポット古宇利島には、沖縄版のアダムとイブ伝説が残る。そこから古宇利島は「恋島」と呼ばれるようになり、転じて「古宇利島」となったとされる... (もっと見る)
太陽の塔
解説 太陽の塔は1970年に開催された大阪万博の際に岡本太郎氏が制作した作品です。 太陽の塔内部には、高さ40メートル以上もある”生命の樹”があり生命をささえるエネルギーの象徴とされています。 パワーの... (もっと見る)
大石林山
解説 2億年の時を超えて形作られた琉球神話の杜、国頭村にある大石林山。 天を刺すように伸びる岩山が続く姿は、訪れる者を圧倒する迫力に満ちている。 2億年前の石灰岩が長い年月をかけて雨水などにより侵食され... (もっと見る)
堀越神社
解説 聖徳太子が四天王寺を創建した際、四天王寺を守るために建てられた四天王寺七宮の一つです。 雑誌やテレビで取り上げられ一躍有名になりました。 樹齢550年の神霊の宿る樹、神霊の降りる樹に、疲れた時... (もっと見る)
金刀比羅宮
解説 「さぬきこんぴらさん」で有名な金刀比羅宮は、象頭山の中腹に鎮座し、古来より海の神様、五穀豊穰・大漁祈願・商売繁盛など広範な神様として全国津々浦々より、善男善女の信仰をあつめてまいりました。 参道... (もっと見る)
地主神社
解説 社伝によれば、地主神社の創建年代は、神代(かみよ)つまり日本の建国以前とされ、 あまりの古さにその歴史は明らかではありませんでした。 しかし近年、アメリカの原子物理学者・ボースト博士の研究により、 本... (もっと見る)
斎場御嶽
解説 斎場御嶽(せいふぁうたき) 琉球最高の聖地。洞門の向こうからは遠く久高島を望める 神アマミキヨによって創られたといわれる七御嶽のひとつで琉球最高の聖地。2枚の岩からなる三庫理(サングーイ)は拝... (もっと見る)
普天満宮
解説 女神のパワーあふれる縁結び神社  琉球古神道の神や熊野権現などを祀る神社で、琉球八社の1つに数えられています。境内にある洞穴には「陰陽石」と呼ばれる霊石があり、男女のシンボルとして縁結びのご利益... (もっと見る)
勝尾寺
解説 1300年の歴史を誇る勝尾寺は、”勝運の寺”として知られています。 試験や商売等、勝負運や成功を祈るため、多くの参拝者が訪れます。 お守りにも大きく”勝”と書かれており、勝ダルマのご利益も有名... (もっと見る)
住吉大社
解説 1800年という長い歴史をもつ神社で、大阪でも有名なパワースポットの一つです。 ご利益は、家内安全や商売繁盛、また産業、貿易、文化等多岐にわたります。 〇五大力 五所御前という住吉大神が降臨... (もっと見る)
熊野速玉大社
解説 熊野三山の一社として全国に祀る数千社の熊野神社の総本宮です。夫須美・速玉の二神を祀り、社宝1,000余点を収める神宝館や天然記念物ナギの巨木があります。 特に、孝謙天皇の御世、日本第一大霊験所の勅額を... (もっと見る)
富岡八幡宮
解説 富岡八幡宮(とみおかはちまんぐう)は寛永4年(1627年)、当時永代島と呼ばれていた現在地に御神託により創建されました。周辺の砂州一帯を埋め立て、社地と氏子の居住地を開き、総じて六万五百八坪の社有地を... (もっと見る)