パワースポットを探すなら - パワスポ! -

神社・寺院のパワースポット

5625件中 5601 ~ 5620件目を表示
祐徳稲荷神社
解説 日本三大稲荷のひとつで「宝くじが当たる」と密かに人気のパワースポットの祐徳稲荷神社。 技芸上達の神である大宮売大神が祀られ才能開花により金運につながると芸術・芸能関係者やアーティスト等も多数参拝... (もっと見る)
宇美八幡宮
解説 ● 当地の地名、「宇美」も「産み」に由来するといい、平安時代ごろから石清水八幡宮と本末関係となった。この為、当社は、安産祈願の神社として名高い。 ● 境内には、神功皇后が出産のときにすがりついたと... (もっと見る)
筥崎宮
解説 筥崎宮(はこざきぐう)は、福岡県福岡市東区箱崎にある神社。筥崎八幡宮(はこざきはちまんぐう)とも呼ばれる。 京都府八幡市の石清水八幡宮、大分県宇佐市の宇佐神宮とともに日本三大八幡宮の一つ。 主祭神... (もっと見る)
東京大神宮
解説 東京のお伊勢さまということでパワースポットとして有名。 しかし、近年では恋愛成就や縁結び、女性の魅力を引き立ててくれるパワースポットとして人気です。... (もっと見る)
霧島神宮
解説 霧島神宮の社殿はいずれも朱塗りの華麗なもので、特に本殿は内部も豪華に装飾され、柱、梁、長押などはすべて朱漆塗りとした上に要所を彩色文様や鍍金の飾り金具で装飾されています。 壁には極彩色の浮き彫り... (もっと見る)
磐船神社
解説 磐船神社は、交野市・天野川の渓谷沿いにあり、高さ・長さ共に12メートル程の大きな岩である”天の磐船”を御神体としている神社です。 神様が天の磐船に乗って降り立ったという、伝説が残り、御神体以外に... (もっと見る)
太融寺
解説 太融寺は、弘法大師が創建したと言われており由緒正しいお寺として知られています。 中でも”一願不動”と呼ばれる有名な不動様がおり、願いを1つ叶えてくれると言われています。 また、病気を除けてくれ... (もっと見る)
四天王寺
解説 聖徳太子によって建てられた四天王寺は、1400年以上の長い歴史のあるお寺です。 〇おもかる地蔵 四天王寺の中の六時堂に祀られているお地蔵さんの前でお願い事をお祈りして、持ち上げてみます。 軽... (もっと見る)
石垣島鍾乳洞
解説 数ある石垣島の鍾乳洞の中でも最大のものがこの石垣島鍾乳洞です。20万年もの歳月をかけて創り上げられました。サンゴから生まれた美しい鍾乳洞で、石の性質もあり鍾乳の成長が日本一早いことでも知られています。... (もっと見る)
石切剣箭神社
解説 ”石切さん”との愛称で親しまれている石切剣箭神社は、とても古い歴史の神社です。 腫れ物治癒のご利益があるとして、がん封じの願掛けに訪れる方がたくさん見られます。 腫物だけでなくあらゆる病に効果があ... (もっと見る)
坐摩神社
解説 ”ざまじんじゃ”という愛称で知られている坐摩神社は、大変歴史の長い神社です。 坐摩神社には安産の神、住居守護の神、旅行安全の神が祀られており、境内の鳥居は3柱になっております。 安産祈願で知ら... (もっと見る)
シルミチュー霊場
解説 浜比嘉島の比嘉集落の南にあります。比嘉集落の南端にある108階も続く石階段を登りきると、天地を開き始めた琉球開闢(かいびゃく)の祖神であるアマミキヨ、シネリキヨの居住跡があります。2人の神が住み子供を... (もっと見る)
波上宮
解説 波上宮(なみのうえぐう)は沖縄県那覇市にある神社。 近代社格制度では官幣小社に列格され、現在では神社本庁の別表神社に指定されている。 那覇港を望む高台の上に位置し、「なんみんさん」「ナンミン」とし... (もっと見る)
古宇利島
解説 伝説が残る恋の島「古宇利島」 古宇利大橋からの絶景が人気のスポット古宇利島には、沖縄版のアダムとイブ伝説が残る。そこから古宇利島は「恋島」と呼ばれるようになり、転じて「古宇利島」となったとされる... (もっと見る)
太陽の塔
解説 太陽の塔は1970年に開催された大阪万博の際に岡本太郎氏が制作した作品です。 太陽の塔内部には、高さ40メートル以上もある”生命の樹”があり生命をささえるエネルギーの象徴とされています。 パワーの... (もっと見る)
大石林山
解説 2億年の時を超えて形作られた琉球神話の杜、国頭村にある大石林山。 天を刺すように伸びる岩山が続く姿は、訪れる者を圧倒する迫力に満ちている。 2億年前の石灰岩が長い年月をかけて雨水などにより侵食され... (もっと見る)
堀越神社
解説 聖徳太子が四天王寺を創建した際、四天王寺を守るために建てられた四天王寺七宮の一つです。 雑誌やテレビで取り上げられ一躍有名になりました。 樹齢550年の神霊の宿る樹、神霊の降りる樹に、疲れた時... (もっと見る)
金刀比羅宮
解説 「さぬきこんぴらさん」で有名な金刀比羅宮は、象頭山の中腹に鎮座し、古来より海の神様、五穀豊穰・大漁祈願・商売繁盛など広範な神様として全国津々浦々より、善男善女の信仰をあつめてまいりました。 参道... (もっと見る)
地主神社
解説 社伝によれば、地主神社の創建年代は、神代(かみよ)つまり日本の建国以前とされ、 あまりの古さにその歴史は明らかではありませんでした。 しかし近年、アメリカの原子物理学者・ボースト博士の研究により、 本... (もっと見る)
斎場御嶽
解説 斎場御嶽(せいふぁうたき) 琉球最高の聖地。洞門の向こうからは遠く久高島を望める 神アマミキヨによって創られたといわれる七御嶽のひとつで琉球最高の聖地。2枚の岩からなる三庫理(サングーイ)は拝... (もっと見る)