パワースポットを探すなら - パワスポ! -

神社・寺院のパワースポット

5633件中 1 ~ 20件目を表示
鏡神社
解説 九州の北西部、玄界灘に面していて、その立地により古くから大陸との交流の中継地として栄えてきた佐賀県唐津市。鏡神社は、唐津の特別名勝「虹の松原」を見渡せる鏡山の麓にあります。御祭神は一の宮には「息長足姫... (もっと見る)
佐賀 金比羅神社
解説 佐賀市金立町にある金比羅神社。香川県琴平町にある金比羅神社の御分霊を受けて、武将である龍造寺隆信が建立したと言われる神社です。境内には博打の木という木があり、地面に落ちている博打の木の皮を財布に入れて... (もっと見る)
綾部八幡神社
解説 神社のある場所は「風の通り道」と呼ばれ、風神3柱が祀られています。静かな雰囲気の境内にいるだけで、心地よい風を感じることができます。日本最古の天気予報と言われる「旗上げ神事」「旗降し神事」では、旗のな... (もっと見る)
伊勢神社(九州のお伊勢さん)
解説 全国で唯一、伊勢神宮より破格の恩恵を受け、分霊を勧請することのできたお社です。子孫繁栄、五穀豊穣、商売繁盛の神様としてたくさんの人が訪れています。佐賀藩・鍋島直茂公の奥方様が月参りをし、御祈願が成就さ... (もっと見る)
岡山神社
解説 佐賀の小京都とも言われ、桜の名所としても知られる小城公園内にあり、小城藩の藩祖・鍋島元茂を国武明神、二代藩主・直能を矛治明神として祀っているところです。肥前鳥居など二基の鳥居があり、神橋を渡ると境内へ... (もっと見る)
男女神社
解説 約700年前に創建され、日本神話の中で初めて結婚したと伝えられているイザナギノミコトとイザナミノミコトを御祭神としています。神社の名前が示す通り、男女の縁結び、子授け、安産、家庭円満、家内安全、商売繁... (もっと見る)
松原神社
解説 藩祖・鍋島直茂とその祖先を祀っている神社で、安永元年(1772年)に創建されました。直茂は法号を日峯(にっぽう)と称するところから、地元の人たちには別名『日峯さん』と呼ばれて親しまれています。開運・勝... (もっと見る)
佐嘉神社
解説 佐賀鍋島藩10代藩主・鍋島直正と11代藩主・鍋島直大を祀っている神社です。10代藩主・鍋島直正は、日本国内初の反射炉やアームストログ砲などを作り、近代日本の幕開けに多大な貢献をしたことで知られていて、... (もっと見る)
大星神社
解説 ... (もっと見る)
浜町神明宮
解説 ... (もっと見る)
平和公園
解説 ... (もっと見る)
伊勢神宮(内宮)踏まぬ石
解説 伊勢神宮内宮荒祭宮へ降りる石段にあり、およそ下から14段目に位置しています。 踏まぬ石の割れ目が「天」という文字に見えることから天から降ってきた石という説や、御神宝を埋めた目印であった説など様々な伝... (もっと見る)
伊勢神宮(内宮)五十鈴川御手洗場
解説 五十鈴川御手洗場は「いすずがわみたらし」と読み、五十鈴川のほとりにある手洗場です。皇女倭姫(やまとひめ)が御裳のすその汚れを濯いだことから別名「御裳濯川(みもすそがわ)」と言われています。敷き詰められ... (もっと見る)
伊勢神宮(内宮)パワーツリー
解説 伊勢神宮内には多くの木々がありますが、その中でも特に大きいとされている荒祭宮付近にあるパワーツリーと言われる大木が、荒祭宮付近にあります、樹齢何百年と長い間生きているこのパワーツリーは多くの人が手を当... (もっと見る)
伊勢神宮(内宮)四至神
解説 四至神は「みやのめぐりかみ」と読み、四至とは神域の東西南北の四方の境界を表し、四至神とはその四方を守護する神様です。石段が2段になっており石神として祀られています。 伊勢神宮内宮内でも強いパワースポ... (もっと見る)
いちべ神社
解説 いちべ神社は地元の漁師が海で遭難した時、龍が海上より立ち上がり、漁師の生命を助け、この石に舞い降りたという伝説により、文政11年(1828年)に建立されました。 プロ野球監督やスポーツ選手、さまざま... (もっと見る)
天寧寺(京都)
解説 境内にある「額縁門」が有名、また縁結びのご利益があります。... (もっと見る)
八百富神社
解説 竹島全体が神社の境内となっており、パワースポットしても有名。... (もっと見る)
大垣八幡神社
解説 境内にある、鳥居が金運アップのご利益があると言われています。... (もっと見る)
與田寺
解説 厄除けの寺と呼ばれているパワースポット。... (もっと見る)