パワースポットを探すなら - パワスポ! -

湖・池・川・滝のパワースポット

335件中 41 ~ 60件目を表示
四十八滝
解説 ... (もっと見る)
トウトウの滝
解説 ... (もっと見る)
由布川峡谷
解説 由布川峡谷は、由布・鶴見連山に源を発し、 別府市東山の「椿」から由布市挟間町まで約12kmに渡り、 深く侵食された峡谷です。 高さ60mの断崖が続き、岩肌を流れ落ちる無数の細い滝は幻想的で、 ... (もっと見る)
大歩危
解説 大歩危(おおぼけ)は、吉野川中流域に位置する渓谷(先行谷)。 吉野川西岸の徳島県三好市山城町西宇地区の歩危茶屋付近から 高知県長岡郡大豊町大久保地区の一部までと、 その対岸となる徳島県三好市西祖... (もっと見る)
祖谷渓
解説 祖谷渓(いやだに/いやけい)は徳島県三好市に位置する深いV字谷の続く渓谷。 祖谷谷、祖谷渓谷ともいう。 吉野川支流の祖谷川にあり、全長は10kmにも及ぶ。 高さ数十~100mの高低差もさることな... (もっと見る)
不動窟
解説 ... (もっと見る)
開墾場の滝
解説 開墾場の滝は、千葉県君津市奥米にある滝。蛇行する川をショートカットし農地に転用する「川廻し」によりできた滝である。... (もっと見る)
寂光ノ滝
解説 寂光寺は弘仁11(820)年に弘法大師が開基したと伝えられている。江戸時代には修験道・浄土信仰の中心地として栄え、釘抜念仏発祥の地として知られている。寂光権現が廃され、寂光が若子(じゃっこ)に改められ... (もっと見る)
瀬尾観音三滝
解説 鹿児島県薩摩川内市にある滝である。 甑島を流れる瀬尾川にある滝で、55mの高所から三段の岩肌にそって水が流れ落ちる。聖観音が安置されていることから「瀬尾観音滝」と呼ばれるようになったという。... (もっと見る)
達沢不動滝
解説 船明神山の南南東の麓に端を発する不動川に掛かる滝で、不動明王が祀られている。 高さ10m、幅16mの豪快な男滝(おだき)と、その脇に女滝(めだき)が流れる。... (もっと見る)
牛ヶ滝
解説 長野県木曽郡南木曽町の滝。柿其渓谷の入り口にかかる大滝である。落差約30mである。 展望台の少し先から滝壺へおりることができる。... (もっと見る)
源兵衛川
解説 水源の小浜池は富士山の伏流水が湧出し、長く三嶋大社の浜下りの池であったという。 戦国時代、伊豆の守護代寺尾源兵衛が、水田灌漑のため、小浜池から流れる広瀬(四ノ宮川)から、用水を開削した。開発者の名か... (もっと見る)
番所大滝
解説 長野県松本市の乗鞍高原の番所地区にある乗鞍三名滝の一つである。落差40m、幅15m、乗鞍岳溶岩の末端部にかかっている。水量が多く、豪快な音をたてて流れ落ちる勇壮な滝である。... (もっと見る)
三ツ滝
解説 3段になって流れ落ちており、落差5~11m。幅5mである。円空上人ゆかりの不動明王が祀られている。 飛騨小坂は滝の町として知られ、三ツ滝の他にも多くの滝が見られる。... (もっと見る)
唐谷滝
解説 岐阜県下呂市小坂町の巌立峡に懸かる滝である。国道41号線から県道437号線へ入り、「ひめしゃがの湯」から「巌立峡」を通り、更に林道を2km進むと林道沿いに「唐谷滝、あかがねとよ」の標示板がある。ここか... (もっと見る)
大滝三階滝
解説 大滝の三階滝は、北海道伊達市大滝区にある滝。白老岳(968m)を源とする三階滝川にかかる。水量が豊富なため轟音を響かせ豪快に落ちる。散策路はなく、滝をかすめるようにかかっている橋から眺められる。 滝... (もっと見る)
大仙の滝
解説 群馬県吾妻郡六合村の滝。世立八滝の一つである。 滝上方にある岩に、長さ2m・幅1m50cmの天狗の足跡があります。この足跡は左足で、右足は遠く長野原にあると言われている。... (もっと見る)
樽の滝
解説 樽の滝(たるのたき)は、高知県高知市にある鏡川ダム湖の奥、鏡川の支流・穴川川の最上流部に位置する滝である。高さ65mの2段瀑で、大水が出ると大樽を揺るがすような音がするため「樽の滝」という名が付いたと... (もっと見る)
巴ケ淵
解説 山吹山のふもと、木曽川が巴状に渦を巻く淵である。木曽義仲に尽くしたといわれる「巴御前」にちなんで名付けられており、ここに住む竜神が化身して巴御前になったという伝承もある。秋には静かな水面に色づいた木々... (もっと見る)
善五郎の滝
解説 東向きであるため、朝日に輝き、虹が現れることも多いという。県乗鞍岳の麓、乗鞍高原上部に位置し、三本滝、番所大滝とともに「乗鞍三滝」と称されている。滝の名前は、イワナに引き込まれて滝壺に落ちた釣り師「善... (もっと見る)