パワースポットを探すなら - パワスポ! -

洞窟のパワースポット

125件中 21 ~ 40件目を表示
穴禅定
[洞窟]
解説 お大師様(弘法大師空海)御修行の鍾乳洞を、 ローソクの明かりだけで穴禅定先達に案内され、 とても狭い穴を通り抜けていく修行です。... (もっと見る)
中尾洞
[洞窟]
解説 洞内の延長は約600mにすぎないが、 鍾乳石や石筍のつくり出した奇観は秋芳洞よりすぐれるとさえいわれています。 洞内で生きる動物、植物の種類も多い。... (もっと見る)
岩屋観音窟
[洞窟]
解説 錦川流域に広く分布する約1億5000万年前に堆積した 地層の小さな石灰岩体にできた石灰洞。 洞口は護聖寺の前から約10mの石段を登ったところにあり、 洞窟は北東から南西方向の割れ目に沿ってできて... (もっと見る)
幻の鍾乳洞
[洞窟]
解説 ながの村にある鍾乳洞は、1929年の広島県の調査記録には 存在が載せられていましたが、その後、場所の特定ができず、 長年忘れられていました。 1992年、鍾乳洞を探していた「永野を考える会」のメ... (もっと見る)
白雲洞
[洞窟]
解説 奥行き200mの鍾乳洞窟、鍾乳石・石筍・石柱など、 そのまま保存されています。 岩間から湧き出る水は“不老の泉”といわれ、訪れる人の喉を潤してくれます。 30ほどある帝釈峡の鍾乳洞のなかで、 ... (もっと見る)
鬼の岩屋
[洞窟]
解説 鬼の岩屋は、数億年前、帝釈川の浸食作用によってできた鍾乳洞です。 入口の幅は約2mですが、20~30m入ると 奥行き20m、幅20m、高さ30mの空洞が広がり、 その奥には多くの小さな洞窟があり... (もっと見る)
羅生門
[洞窟]
解説 羅生門は岡山県新見市草間にある、 陥没ドリーネ群中の巨大な天然橋と鍾乳洞である。 多数の鍾乳洞やドリーネの点在するカルスト地形の広がる、 阿哲台と呼ばれる標高約400メートルのカルスト台地上に位... (もっと見る)
備中鐘乳穴
[洞窟]
解説 岡山県の石灰岩地帯の一つ上房台に点在しています。 平安時代となる延喜元年に書かれた「日本三大実録」にも その名が記述されるなど、文献に残る日本最古の鍾乳洞として知られています。 全長約800m。... (もっと見る)
仙骨峡蛇の穴
[洞窟]
解説 仙骨峡蛇の穴は日南石灰岩層の中に誕生した鍾乳洞です。 長さは200メートルほど。 洞内には雷地小屋、宮地小屋、石草小屋、三角小屋などと 呼ばれる広場があります。 この洞はヘビのように蛇行してい... (もっと見る)
棲龍洞
[洞窟]
解説 成羽川の支流、島木川にある石灰岩でできた 約2kmに及ぶ渓谷には滝あり、鍾乳洞あり、 羽山デッケンと呼ばれる奇岩・巨岩ありと 変化に富んだ自然を楽しむことができます。... (もっと見る)
鬼女洞
[洞窟]
解説 吉備高原面のドリーネの底に大きな洞口を持つ 延長215mの貫通型鍾乳洞。 高梁川の河岸の中腹に開口しています。... (もっと見る)
神代鬼の穴
[洞窟]
解説 岡山県真庭市神代にある神代の鬼の穴「龍宮岩」 新庄川の清流に洗われた雪白の石灰岩が、 長年の侵食により様々な奇岩を創り出し その景観はあたかも龍宮を思わせるところから 龍宮岩と呼ばれているそう... (もっと見る)
神庭鬼の穴
[洞窟]
解説 高さ110m、幅20mの中国地方随一のスケールを誇る名瀑 神庭の滝の下流に「神庭鬼の穴」があります。 神庭鬼の穴は石灰洞であり、付近は野猿棲息地となっています。... (もっと見る)
御神窟
[洞窟]
解説 急斜面の高い石垣の上に建てられた穴門山神社の社殿の背後に、 石灰岩の崖がそびえ、左手に奥行き100mの御神窟が口を開けています。 伊勢神宮が出来る前に三種の神器の一つ八咫鏡(やたのかがみ)が 4... (もっと見る)
宇山洞
[洞窟]
解説 豊永台の台地上、吉備高原面のドリーネの底に巨大な洞口を持つ、 総延長1050mの裂か型の吸込穴。 豊永台の高度分布からは壮年期の古い鍾乳洞に属します。 古いながらも鍾乳石の形成は盛んで、洞内を2... (もっと見る)
堂面洞窟遺跡
[洞窟]
解説 堂面洞窟は、幅約100m、高さ約36mの石灰岩でなる 大岩壁の西側に位置し、上洞と下洞から構成されています。 多くの遺物が発見されたことから遺跡として守られ、 過去には縄文土器、繊維土器など多く... (もっと見る)
穴神鐘乳洞
[洞窟]
解説 城川町にある縄文時代遺跡・穴神洞遺跡の中の鍾乳洞で、 昭和44年に地元住民によって発見された。 全長約75m、高さ8~10mの鍾乳洞を 安心して見て回れるように整備されているので、 気軽に洞窟... (もっと見る)
日坂鐘乳穴
[洞窟]
解説 日咩坂鐘乳穴神社の後ろ左手にある、 最大長径が500m、 周囲からの最大深度が60mという 阿哲台で最も大きなドリーネとは思えないような ドリーネの底への降り口を100m程下ったところに 日咩坂... (もっと見る)
鬼の唐門
[洞窟]
解説 白雲洞のすぐ隣、帝釈峡の支流にかかる「鬼の唐門」は、 古い時代の鍾乳洞が崩落して入口だけが残った地形と考えられています。 また、門の上には覗き窓よろしく「鬼の窓」と呼ばれる高さ4mの穴も開いてい... (もっと見る)
賽の河原洞
[洞窟]
解説 中国山地のほぼ中央、広島県の東北部に位置する「帝釈峡」。 その名前の由来となった帝釈天を祀っている永明寺は、かつては子院七坊を数えたと言われる古刹です。 現在では本院のみとなった永明寺のすぐ上流部の山... (もっと見る)