パワースポットを探すなら - パワスポ! -

九州・沖縄のパワースポット

1027件中 1 ~ 20件目を表示
鏡神社
解説 九州の北西部、玄界灘に面していて、その立地により古くから大陸との交流の中継地として栄えてきた佐賀県唐津市。鏡神社は、唐津の特別名勝「虹の松原」を見渡せる鏡山の麓にあります。御祭神は一の宮には「息長足姫... (もっと見る)
武雄神社の大楠
[森林]
解説 樹齢3000年を誇る武雄神社の御神木です。武雄神社の脇から奥へ進み、竹林を抜けると突如としてその雄大な大楠が現れます。樹根の部分に十二畳敷の空洞があり、中には天神様が祀られ祠があります。現在、大楠の周... (もっと見る)
清水の滝
解説 全国名水百選でもある清水川の上流にある滝で、高さ75m、幅13mの清流が垂直に流れ落ちています。その様子から『珠すだれの滝』とも呼ばれて、西日本一の瀑布とも言われる、落差の大きな滝です。神秘的な聖域で... (もっと見る)
佐賀 金比羅神社
解説 佐賀市金立町にある金比羅神社。香川県琴平町にある金比羅神社の御分霊を受けて、武将である龍造寺隆信が建立したと言われる神社です。境内には博打の木という木があり、地面に落ちている博打の木の皮を財布に入れて... (もっと見る)
下合瀬の大カツラ
[]
解説 山神のご身体として崇拝されてきた銘木です。脊振北山県立自然公園内にあり、昭和35年には佐賀県の天然記念物に、昭和37年には国の天然記念物に指定されました。樹齢1000年と推定され、根回りは20m、高さ... (もっと見る)
綾部八幡神社
解説 神社のある場所は「風の通り道」と呼ばれ、風神3柱が祀られています。静かな雰囲気の境内にいるだけで、心地よい風を感じることができます。日本最古の天気予報と言われる「旗上げ神事」「旗降し神事」では、旗のな... (もっと見る)
伊勢神社(九州のお伊勢さん)
解説 全国で唯一、伊勢神宮より破格の恩恵を受け、分霊を勧請することのできたお社です。子孫繁栄、五穀豊穣、商売繁盛の神様としてたくさんの人が訪れています。佐賀藩・鍋島直茂公の奥方様が月参りをし、御祈願が成就さ... (もっと見る)
岡山神社
解説 佐賀の小京都とも言われ、桜の名所としても知られる小城公園内にあり、小城藩の藩祖・鍋島元茂を国武明神、二代藩主・直能を矛治明神として祀っているところです。肥前鳥居など二基の鳥居があり、神橋を渡ると境内へ... (もっと見る)
男女神社
解説 約700年前に創建され、日本神話の中で初めて結婚したと伝えられているイザナギノミコトとイザナミノミコトを御祭神としています。神社の名前が示す通り、男女の縁結び、子授け、安産、家庭円満、家内安全、商売繁... (もっと見る)
松原神社
解説 藩祖・鍋島直茂とその祖先を祀っている神社で、安永元年(1772年)に創建されました。直茂は法号を日峯(にっぽう)と称するところから、地元の人たちには別名『日峯さん』と呼ばれて親しまれています。開運・勝... (もっと見る)
佐嘉神社
解説 佐賀鍋島藩10代藩主・鍋島直正と11代藩主・鍋島直大を祀っている神社です。10代藩主・鍋島直正は、日本国内初の反射炉やアームストログ砲などを作り、近代日本の幕開けに多大な貢献をしたことで知られていて、... (もっと見る)
大浦天主堂
[教会]
解説 大浦天主堂は、長崎県長崎市にあるカトリックの教会堂で、 1865年に建立された日本最古の現存するキリスト教建築物。 正式名は日本二十六聖殉教者堂。 その名のとおり日本二十六聖人に捧げられた教会堂... (もっと見る)
今村教会堂
[教会]
解説 今村教会堂は、福岡県三井郡大刀洗町大字今にあるキリスト教(カトリック)の聖堂。 旧称である「今村天主堂」と呼ばれることも多いが、 正式名称はカトリック今村教会。 1913年に建築された赤煉瓦造り... (もっと見る)
カトリック堂崎教会
[教会]
解説 堂崎天主堂(どうざきてんしゅどう)は、 長崎県五島市の福江島にあるキリスト教(カトリック教会)の聖堂である。 江戸時代からのキリスト教禁教令廃止以降、五島列島で最初に建てられた聖堂で、 1974... (もっと見る)
旧野首天主堂
[教会]
解説 旧野首教会(きゅうのくびきょうかい)は、長崎県の五島列島の野崎島 にあるキリスト教(カトリック)の聖堂である。 現在、野崎島は無人島となっており、教会としては使用されていないが、 1平成元年に長... (もっと見る)
カトリック青砂ヶ浦教会
[教会]
解説 青砂ヶ浦天主堂(あおさがうらてんしゅどう)は、 長崎県南松浦郡新上五島町にあるキリスト教(カトリック)の聖堂。 五島列島の中通島北部に位置し、 2001年に国の重要文化財に指定されている。... (もっと見る)
カトリック頭ヶ島教会
[教会]
解説 頭ヶ島天主堂(かしらがしまてんしゅどう)は、 長崎県南松浦郡新上五島町の頭ヶ島にあるキリスト教(カトリック教会)の聖堂。 2001年に国の重要文化財に指定されており、ユネスコの世界遺産(文化遺産)... (もっと見る)
カトリック江上天主堂
[教会]
解説 江上天主堂は、長崎県五島市の奈留島にあるキリスト教(カトリック教会)の聖堂。 国の重要文化財であり、ユネスコの世界遺産(文化遺産)候補で 2018年に登録審査が決まった「長崎の教会群とキリスト教関... (もっと見る)
カトリック田平天主堂
[教会]
解説 田平天主堂(たびらてんしゅどう)は、 長崎県平戸市田平町小手田免にあるカトリック長崎教区の教会ならびにその聖堂である。 正式にはカトリック田平教会、所在地にちなんで瀬戸山天主堂とも呼ばれる。 国... (もっと見る)
カトリック紐差教会
[教会]
解説 紐差教会(ひもさしきょうかい)は、長崎県平戸市にあるカトリック教会である。 長崎県長崎市の旧浦上天主堂が原爆で倒壊して新たに建てられるまでの間、 日本で最も大きい教会堂であったとされている。 平... (もっと見る)