パワースポットを探すなら - パワスポ! -

山口県のパワースポット

80件中 61 ~ 80件目を表示
覚苑寺
解説 功山寺・笑山寺とともに長府毛利家の菩提寺として知られています。境内には長府出身の歌人・生田蝶介の歌碑と共に、画聖・狩野芳崖(かのうほうがい)や乃木希典(のぎまれすけ)将軍の銅像があります。 金属貨幣... (もっと見る)
寂地峡五竜の滝
解説 『寂地峡五竜の滝』は山口県岩国市錦町(旧・玖珂郡錦町)にあり、宇佐川上流に位置する寂地峡(じゃくちきょう)にかかる滝の総称で、5つある滝にはそれぞれ“竜”の文字が入っています(下流から順に、竜尾の滝・... (もっと見る)
狗留孫山
[]
解説 別名を御嶽とも呼ばれ、中国山地の西端にあたり、中腹には西国の霊場として名高い真言宗の古刹「修禅寺」があります。 山頂からの眺望は雄大で、北に日本海、西に響灘、南に瀬戸内海を隔てて九州の連山を望むこと... (もっと見る)
松陰神社(山口県萩市)
解説 松陰神社は、山口県萩市椿東の神社。吉田松陰を祀る神社で、東京都世田谷区の松陰神社と二つの神社がある。 明治23年(1890年)、松陰の実家・杉家の邸内に松陰の実兄杉民治が土蔵造りの小祠を建て、... (もっと見る)
長門国嚴島神社 
解説 「嚴島神社記録帳」によると、治承・寿永の乱(いわゆる「源平合戦」)の時代、平家の守護神として安芸国嚴島神社の御分霊を安徳天皇の御座船に祀っていたが、壇ノ浦の戦い後磯辺に放棄されていたという。後に里人に... (もっと見る)
功山寺
解説 鎌倉期創建の禅寺で長府毛利家の菩提寺。純唐様建築の仏殿は、国宝に指定されている。毛利元就に追われた大内義長はここで自刃した。幕末には京都を追われた三条実美等五卿が潜居していた寺で、高杉晋作が倒幕を目指... (もっと見る)
川棚のクスの森
[森林]
解説 山口県の名湯川棚温泉。その川棚温泉から車で数分のところ、ちょうど温泉の裏山といったところに位置しているクスの巨樹。 高さは21m、樹幹9.5mは県下第一の大きさを誇り、樹勢は旺盛で、四方に伸びる... (もっと見る)
龍蔵寺
解説 龍蔵寺は、山口県山口市吉敷の滝山の中腹にある真言宗御室派の寺院。中国三十三観音の第十七番札所など巡礼の札所であり、国の天然記念物に指定されたイチョウの巨木がある紅葉の名所でもある。... (もっと見る)
秋芳洞
[洞窟]
解説 秋芳洞は、山口県美祢市東部、秋吉台の地下100-200mにある鍾乳洞で、約1kmの観光路をもって公開されている。鍾乳洞としては日本最大規模。洞奥の琴ヶ淵より洞口まで、約1kmにわたって地下川が流れ下っ... (もっと見る)
玉祖神社
解説 物証はないが、勾玉や管玉を作る集団である玉造部が祖神玉祖命を祀るために創建したと考えられている。 日本書紀によれば、景行天皇が熊襲征伐のために西行する途中、この地の神夏磯媛(かみかしひめ)を長とする... (もっと見る)
楊貴妃の墓
解説 二尊院境内の高台に、自然石を積んで立方的に築かれた土台に、花こう岩の堂々たる五輪の塔があります。 中央の塔の周囲には数十個の小さな五輪塔が並んでいます。 これが唐の玄宗皇帝の愛妃揚貴妃の墓と伝えら... (もっと見る)
中山神社(下関)
解説 幕末期に尊王攘夷の立場で活動し、1864年(元治元年)に暗殺された公家の中山忠光が祭神として祀られている。また、境内には忠光の墳墓(国の史跡)がある。このほか、明治天皇および天照皇大神が祭神として祀ら... (もっと見る)
防府天満宮
解説 菅原道真が亡くなった翌年・延喜2年(904年)に創建された神社です。 御祭神は四柱。 菅原道真(すがわらのみちざね) 天穂日命(あめのほひのみこと) 武夷鳥命(たけひなどりのみこと) 野見宿... (もっと見る)
白蛇神社
解説 金運(宝くじ当選)、子宝、病気平癒、合格祈願、商売繁盛、その他が叶うと参詣される方が多い。 当神社の隣には白蛇資料館(一般財団法人白蛇保存会)と屋外飼育施設(岩国市教育委員会)があり、生きた天然... (もっと見る)
周防阿弥陀寺・三日月地蔵
解説 防府市大字牟礼の周防阿弥陀寺は、文治3年(1187年)東大寺の別院として、焼失した奈良東大寺の復興に尽力された俊乗房重源上人により、建立されました。 毎年6月になると約80種、4千株のアジサイが... (もっと見る)
国分寺・聖天尊
解説 室町時代や平安時代、藤原時代の四天王など数多くの重要文化財に認定されている仏像が安置されている周防国分寺。良縁成就のご利益があるとされているパワースポットです。 毎月1日、16日には聖天尊縁日が... (もっと見る)
岩淵山観音寺・子安観音
解説 山口県防府市にある岩淵山観音寺は、大同3年(808年)弘法大師・空海が諸国巡歴をされていた時、自然の美しさに感動し、ここを霊域として開創されたと伝えられている、1200年以上の歴史を誇る寺院です。大師... (もっと見る)
赤間神宮
解説 下関にある神社。壇ノ浦の戦いで幼くして波に沈んだ安徳天皇を祀っています。 1191年(建久2年)、阿弥陀寺に安徳天皇の御陵に御影堂を立て、建礼門院ゆかりの尼を奉仕させたことに始まり、平家一門をも祀り... (もっと見る)
錦帯橋
[]
解説 日本三名橋や日本三大奇橋に数えられており、名勝に指定されている。藩政史料には大橋と表記されることが多く、「錦帯」という美名は完成後に定着した説が有力とされている。文書による初出は宇都宮遯庵の記述した文... (もっと見る)
秋吉台
[]
解説 日本最大のカルスト台地。広い草原に石灰岩質の岩々が見える風景が有名です。海でサンゴ礁として誕生したものが長い時間をかけ、カレンフェルトと呼ばれる石柱群や、侵食地形ドリーネ、鍾乳洞を形成しました。特別天... (もっと見る)