パワースポットを探すなら - パワスポ! -

山口県のパワースポット

80件中 41 ~ 60件目を表示
元乃隅稲成神社
解説 白狐のお告げにより、昭和30年に島根県津和野町太鼓谷稲成から分霊された神社です。 裏参道出口に建つ123基の赤い鳥居は、頭上に賽銭箱が設置されており、賽銭が入れば願が叶うとされています。 ... (もっと見る)
大寧寺
解説 大寧寺(大寧護国禅寺)は、室町時代に西国の覇者として山口を中心に栄華を極めた大内氏の終焉の地でもある曹洞宗の名刹です。 大寧寺は、応永17年(1410)守護代鷲頭弘忠が創建したと伝えられる。境内の... (もっと見る)
お亀明神社
解説 当地はかつて島であったされ、500年ほど昔、当地の開拓が始まったものの、地勢的に困難を極め遅々として進まなかったという。そこで、お亀という遊女が自ら人柱となって海底に身を投じたといい、そのお亀さんの偉... (もっと見る)
遠石八幡宮
解説 周南市の周南緑地公園の南にあり、南に周南石油コンビナートと山陽新幹線を見下ろす高台にある。祭殿そばからは徳山湾を一望できる。 社伝によれば、622年(推古天皇30年)に宇佐八幡大神の「この地に跡を垂... (もっと見る)
築山神社
解説 大内義隆公:戦国時代の武将、周防の守護大名、大内氏の第31代当主 徳川家康公:出世の神、天下太平 大内義尊:大内義隆の嫡子 諸公卿諸士28人:天文20年(1551年)の大内氏滅亡時に殉じた配下... (もっと見る)
野田神社
解説 明治6年(1873年)、有志が謀って「敬親公」を祀る社を豊榮神社の境内に建て、神社名を敬親の諡号である「忠正」から取って忠正神社と称したのに創まる。翌7年、鎮座地名からとった現在の野田神社に改称して同... (もっと見る)
豊栄神社
解説 豊榮神社(とよさかじんじゃ)と野田神社(のだじんじゃ)は、山口県山口市に隣接して鎮座する神社である。両神社は東に豊榮神社、西に野田神社と隣接するものの別の宗教法人であり、本殿や拝殿、廻廊等の社殿もそれ... (もっと見る)
神功皇后神社
解説 第十四代・仲哀天皇の皇后。第十五代・応神天皇の母。息長宿禰王の娘。 第九代・開花天皇-日子坐王-山代之大筒木真若王-迦邇米雷王-息長宿禰王-息長帯比売命。 息長宿禰王は、葛城の高額比売と結婚して一... (もっと見る)
了円寺
解説 天和3年(1683)西祐の開基。現在地よりも後方の山のふもとに、畠山重忠の孫、法名了円というものが、既に創建していたものであると伝えられている。 元治元年(1864)12月15日、長府功山寺で決... (もっと見る)
神上寺
解説 神上寺は役小角によって華山(げさん)に開かれたという山岳霊場で、776(宝亀7)年に山の中程に御堂が建立されたという。1332(元弘2)年に後醍醐天皇の命で御堂が麓に近い現在地に移されたので、下山(華... (もっと見る)
狗留孫山・修禅寺
解説 真言宗醍醐派別格の総本山。狗留孫山霊場八十八ヶ所の総本寺でもある。大宝年間(701~4年)に行基が奥の院を開山し、菩薩像を安置。本尊は十一面観音菩薩。勅願門は1322(元亨2)年の建立。 身丈1... (もっと見る)
妙青寺
解説 行基作と伝えられる観世音菩薩が本尊で、応永23年(1416)長門国守護職に就いていた大内持盛によって創建されました。 本堂裏には「心字」の形をした池を配した雪舟の庭があります。 桜や梅、つつじが咲きほ... (もっと見る)
忌宮神社
解説 忌宮神社は、長門国の二の宮。仲哀(ちゅうあい)天皇・神功(じんぐう)皇后が西国平定の折、豊浦宮を建て、7年間滞在したといわれる古社。また、渡来人が仲哀天皇に蚕種(さんしゅ)を献上したという伝説から、境... (もっと見る)
桜山神社 招魂場
解説 1863(文久3)年、高杉晋作の発議により殉国の志士の霊を祀る招魂場をつくるために候補地を下関で探し、翌年下関新地の通称桜山に1865(慶応1)年に落成された神社です。 招魂場とは、国家の為に殉難... (もっと見る)
亀山八幡宮
解説 貞観元年(859年)創建。市内50カ町の氏神様として崇敬され、境内には日本一のみかげ石製の大鳥居、豊臣秀吉公ゆかりの太閤蘇鉄、下関開発の礎となった「お亀さん」の功績を記念する「お亀銀杏」、明治維新のあ... (もっと見る)
法輪寺 下関
解説 現本堂は、昭和33年(1958)に解体修理を行った際、棟木から応永二十年(1413)に熊野若王子権現の社殿として造ったとの墨書銘が発見され、応永二十年の創建が明らかで室町期の建築様式を伝えているそうで... (もっと見る)
乃木神社
解説 軍人として広くその名を知られ、明治天皇大葬の日に殉死した乃木希典(まれすけ)を文武両道の神として祭り、1920年(大正9年)1月30日に創建された神社です。境内には乃木夫妻の銅像や乃木家が16年間過ご... (もっと見る)
大歳神社
解説 源義経が壇之浦の合戦に際し、戦勝を祈願した神を祀ります。長い石段を登りつめた境内には、珍しい「七卿落ち」の画碑があります。「七卿落ち」とは、文久3年(1863)8月、京都朝廷で起こった政変により、反幕... (もっと見る)
豊功神社
解説 祭神は応神天皇、武内宿禰、大国主大神穂田元清、毛利秀元、毛利光広、毛利綱元、毛利元朝、毛利元矩、毛利匡広、毛利師就、毛利匡敬、毛利匡満、毛利匡芳、毛利元義、毛利元運、毛利元周、毛利元敏歴代の長府藩主を... (もっと見る)
東行庵
解説 遺言によって奇兵隊の陣屋があった吉田の清水山に葬られた高杉晋作の菩提を弔うために、愛人おうのは梅処尼(ばいしょに)となって庵を結び、生涯、晋作の墓を守って暮らしました。 「東行」は晋作の号で、高杉晋... (もっと見る)