パワースポットを探すなら - パワスポ! -

佐賀県のパワースポット

70件中 41 ~ 60件目を表示
鹿山神社
解説 ... (もっと見る)
仁比山神社
解説 社伝によれば、天平元年(729年)この地に松尾大社を勧請したことを創始とされる。その後承和11年(844年)に慈覚大師が唐から戻る際この地に立ち寄り、土中より日吉宮の額を発見したことを朝廷に奏上したと... (もっと見る)
潮見神社
解説 ... (もっと見る)
大町八幡神社
解説 ... (もっと見る)
波多八幡神社
解説 ... (もっと見る)
乙龍天子神社
解説 ... (もっと見る)
鎌王神社
解説 ... (もっと見る)
川古の大楠
[森林]
解説 佐賀県武雄市にある樹齢3000年を越えると言われる楠。樹高25m、枝張りは、東西・南北27m、幹回り21m、根回り33mもある全国第5位の巨木である。本幹は空洞化し、稲荷の石碑が建てられている。 奈... (もっと見る)
立神岩
解説 立神岩(たてがみいわ)は、佐賀県唐津市湊町の巨岩奇岩が林立する海岸沿いに立つ、夫婦のように寄り添う2つの岩です。どちらも周囲6m、高さ30m以上の巨大な玄武岩柱。別名「夫婦岩」とも呼ばれます。... (もっと見る)
船塚古墳
解説 佐賀市北部、標高35メートルの平地上に築かれた古墳です。古墳は後円部を北に、主軸は南北の方向を向いている。盛り土は3段で構築され、その上には葺石が認められている。後円部墳頂からは家形埴輪が出土したとい... (もっと見る)
銚子塚古墳
解説 佐賀市北部、標高15メートルの微高地上に築かれた古墳であり古墳は前方部を西に、主軸は東西の方向を向いている。盛り土は前方部が2段、後円部が3段で構築され、後円部に比べて前方部がかなり低い「柄鏡式」と言... (もっと見る)
田代太田古墳
解説 田代太田古墳(たしろおおたこふん)は、佐賀県鳥栖市田代本町に所在する円墳。早くから彩色壁画系の装飾古墳の一つとして知られる1基で、大正15年には国の史跡に指定されています。周辺には剣塚、岡寺、庚申堂塚... (もっと見る)
佐賀城
解説 佐賀城(さがじょう)は、佐賀県佐賀市にあった日本の城。古名は佐嘉城。 別名、沈み城、亀甲城。 江戸時代初頭に完成し、外様大名の佐賀藩鍋島氏の居城であった。 築城主は鍋島直茂・勝茂、築城年は160... (もっと見る)
吉野ヶ里遺跡(吉野ヶ里公園)
解説 吉野ヶ里遺跡(よしのがりいせき)は、 佐賀県神埼郡吉野ヶ里町と神埼市にまたがる吉野ヶ里丘陵にある遺跡。 国の特別史跡に指定されている。 およそ50ヘクタールにわたって残る弥生時代の大規模な環濠集... (もっと見る)
名護屋城
解説 名護屋城(なごやじょう)は、肥前国松浦郡名護屋(現在の佐賀県唐津市)にあった城。 豊臣秀吉の文禄・慶長の役に際し築かれた。国の特別史跡に指定されている。 平成18年(2006年)には日本100名城... (もっと見る)
見帰りの滝(見返りの滝)
解説 伊岐佐川の見帰りの滝は九州一の落差を誇る。滝とその下流沿いに町内の人によって植えられた40種約4万株の紫陽花が初夏の6月に可憐な花々を咲かせ、6月の1カ月間は「あじさいまつり」が開催され、期間中は多く... (もっと見る)
観音の滝
解説 松浦八景の一つであり、高さ45m、幅10m。激しく落下する水流から「男滝」と呼ばれるほど、豪快な滝で、約2kmの渓谷はヤマメ等の回遊の場となっている。滝の横には「生目観音」が祀られ、滝つぼの水で目を洗... (もっと見る)
轟の滝
解説 嬉野(うれしの)の温泉街から長崎方面へ1kmほど行った嬉野川の上流、塩田川と岩屋川内(いわやがわち)川との合流付近にあるのがこの轟(とどろき)の滝です。高さは11mで、三段の滝を形成しています。滝壺の... (もっと見る)
黒髪山
[]
解説 いたる所に奇岩、巨岩がそびえる特異な景観をしている。 古来、山伏たちが修行した霊山で聖地であったため、 人に荒らされず石仏やお寺や仏像が昔のまま残っている。乳待坊展望台から見る雄岩・雌岩の巨大さや... (もっと見る)
田島神社(望夫石)
解説 創建年代は不詳であり、神代の時代と伝えられ、肥前国最古の神社とされる。 鎮座地の加部島はかつては姫島・姫神島と呼ばれていた。 最も古い記録は、『松浦古事記』の天平3年(731年)、相殿に稚武... (もっと見る)