パワースポットを探すなら - パワスポ! -

大分県のパワースポット

121件中 21 ~ 40件目を表示
白鹿権現
解説 ... (もっと見る)
霊山寺
解説 ... (もっと見る)
霊山展望台
解説 ... (もっと見る)
山神社(大分)
解説 ... (もっと見る)
肘切神社
解説 ... (もっと見る)
由布川峡谷
解説 由布川峡谷は、由布・鶴見連山に源を発し、 別府市東山の「椿」から由布市挟間町まで約12kmに渡り、 深く侵食された峡谷です。 高さ60mの断崖が続き、岩肌を流れ落ちる無数の細い滝は幻想的で、 ... (もっと見る)
自性寺
解説 自性寺は奥平藩歴代の菩提寺です。藩祖信昌公が、三河新城にいた時、金剛山万松寺と称して創建した。その後いく度か藩の転封に従い 、移り、1717年(享保2年)、6代藩主昌成公の時、中津に転封。1745年... (もっと見る)
グローバルタワー
解説 大分県立別府コンベンションセンターと別府市市民ホールによる複合施設 「ビーコンプラザ」にある高層展望施設。 二本の支柱とそれを支える弧状の柱がユニークなデザイン。 ビーコンプラザのシンボルタワー... (もっと見る)
八面山
[]
解説 八面山(はちめんざん)は、大分県中津市三光田口に位置する 標高659メートルの卓状溶岩台地(メサ)である。 中津市を代表する山であり、地元では「箭山(ややま)」とも呼ばれる。... (もっと見る)
湯けむり展望台
解説 温泉が噴き出す湯けむりを眺めるなら、ここ「別府湯けむり展望台」が最高です。 国道10号線から九州横断道路を湯布院方面へ向かうと、 鉄輪(かんなわ)地区があり、その一帯の温泉地帯から吹き出る湯けむり... (もっと見る)
十文字原展望台
解説 十文字原(じゅうもんじばる)は、大分県別府市北西部にある高原。 大分県別府市北西部の大分自動車道の日出ジャンクション、 別府湾サービスエリア近辺に広がる高原地帯。 毎年春に野焼きが行われ、周囲に... (もっと見る)
三女神社
解説 ... (もっと見る)
元猿海岸
[]
解説 元猿海岸(もとさるかいがん、もとざるかいがん)は、大分県佐伯市蒲江にある海岸。 日豊海岸国定公園の一部であり、日本の渚百選に選定されている。 幅約40m、長さ約1kmの砂浜で、蒲江を代表する海水浴... (もっと見る)
宇佐神宮 本殿
解説 全国に4万社余りある八幡社の総本宮。本殿は八幡造(はちまんづくり)とよばれる様式で建てられており、国宝に指定されている。宝物館では数百点におよぶ文化財を展示している。「夏越まつり」「放生会」などのお祭... (もっと見る)
宇佐神宮 下宮
解説 嵯峨天皇の弘仁年間(810年代)勅願によって創建され、上宮の御分神をご鎮祭になったことがきっかけで、八幡大神様・比売大神様・神功皇后様は上下御両宮のご鎮座となりました。 「下宮参らにゃ片参り」と云わ... (もっと見る)
ほのおほのめ神社
解説 明るい緑色の屋根と朱色の社が鮮やかなこの神社は、鉄輪地区の氏神様として古くから地元の人々に親しまれてきた。祭神は菅原道真公で、境内に立つ2本の梅は太宰府天満宮から贈られたもの。境内にも梅林が広がり、大... (もっと見る)
健男霜凝日子神社
解説 西暦512年、継体天皇の時代に大野郡上畑村、黒嶽に祖母嶽の神が御降臨なされたことを知った奥嶽の宿彌は、この地に社廊を建て、神主となって以来、祭式を厳重に執り行った。その後、応永8年(1401年)、奥嶽... (もっと見る)
富貴寺
解説 養老2年伝聞菩薩創建という天台宗の古刹。国宝の富貴寺大堂は阿弥陀堂建築で内部の壁画と共に平安美術の傑作。平安後期の建築で、国宝平等院鳳凰堂・中尊寺金色堂と並ぶ貴重な阿弥陀堂であり、現存する九州最古の建... (もっと見る)
大神峯神社
解説 ... (もっと見る)
乙め社
解説 ... (もっと見る)